『プレミアムリッチメニュー機能』LINEメニューを学生に合わせて自動で切り替え。

オプションの「プレミアムリッチメニュー機能」の説明、利用事例をご説明します。

そもそもリッチメニューとは

リッチメニューとはLINEのトークの中にある画像で作成されたメニューのこと。

詳細は▶トーク画面にメニューを設置。プラットフォームとして多方面から魅力を配信をご覧ください。

トーク画面にメニューを設置。プラットフォームとして多方面から魅力を配信

 

プレミアムリッチメニューは複数メニューを学生に合わせて表示することが可能

通常1個しかないLINE(ライン)メニューが何枚でも展開できる

メニューが1個しかない場合、LINEの登録者全員に当てはまる内容である必要があり、一般的な内容がメインになってしまいます。

それが、登録者に合わせたメニューを展開できるようになることで、ピンポイントな具体的内容を発信することも可能になります

 

学年によるメニュー分けがどうしても必要だった

この機能を使う経緯として多いのが、メニューでエントリー案内をしたい!という要望である。

例えば、2018年10月現在、LINEに登録している学生は以下の3種類になる。

  1. 内定式を終えたばかり2019年入社予定の学生
  2. 2019年卒業予定で選考予定
  3. 2020年卒業予定

これらの学生全員に当てはまるメニューは存在しない。

1に対しては「内定者向けメニュー」、2の新規学生には「2019卒向け説明会案内」、3の学生には「2020向けのインターン案内」を行いたい。

特にこの2・3に関しては非常にニーズが高く、その実現のために開発された。

たったこれだけのことなのですが、next≫の使い道が大きく広がりました。

 

タグがつくことによってメニューを自動で切り替え

メニューは学生のアクションに合わせて自動で変更可能。

もちろん、手動で変更することもできます。

 

ユーザーが自由にメニューを切り替えることも可能

学生が能動的にメニューを切り替えて情報を得る仕組みになります。

職種によってメニューを変えたり、ホールディングスやグループ会社の場合、会社によるメニューを作ると効果的です。

※これはデモ版なので、実際に19卒と20卒のメニューが行き来することはありません。

 

 

学年によるメニュー切り替え

学年によって、案内内容は違うはず。

インターン、説明会、選考といった段階に合わせたメニューを設定できます。

check

名前未登録者に対してはコンテンツを敢えて制限し、「名前登録ボタン」しか選べないメニューにすることで、登録率アップに繋がります。

 

「予約」「参加」によってメニューを切り替える

さらに細かく設定したい場合は、「予約」と「参加」でメニューを切り替える企業が多いです。

予約した瞬間に「現在予約している日程の確認」や「キャンセル」のボタンが出現し、参加(もしくは合格)が確認された時には次のステップのメニューへステップアップするなど、フェーズに合わせたメニュー切り替えが好評です。

 

中途採用・アルバイト採用の専用メニューにも

全く違う選考フローであっても問題なし!

中途採用、アルバイト採用、派遣、社員向け・・・専用のメニューを作れば、それだけ入り口が増えることになります。

 

メニューの作成はとっても簡単

複数のメニューが視覚的に確認でき、有効化、編集が容易である

 

タップする範囲はテンプレにとらわれずに細かく指定できる

ドラッグ&ドロップで範囲指定可能。また、座標指定でしっかりと範囲を決めることもできます。

 

ボタンの数は何個でも設定可能。自由自在のリッチメニューに

LINE@のリッチメニューとは違い、数や形に制限はありません。

 

タップ後のアクションを細かく設定できる

  1. URLを開く
  2. TEL
  3. テキスト送信
  4. アクション
  5. 回答フォーム
  6. その他(QRリーダー起動、アカウントシェア、タイムライン開く)

 

アクション設定詳細

  1. テキスト送信(時間指定、経過時間指定可能)
  2. テンプレート送信(時間指定、経過時間指定可能)
  3. タグ操作(外すことも可能)
  4. 友だち情報操作
  5. シナリオ操作
  6. メニュー操作(メニュー変更)
  7. リマインダ操作(リマインドメッセージ)
  8. ラベル・表示操作(対応マーク、ブロックなど)
  9. 通知(管理者への通知設定)

「LINEのトークルームの中にHPがある」と言っても良いくらいの自由度とカスタマイズ性があり、大きな可能性を秘めています。

もはや、next≫はできないことのほうが少ないです。

 

 

わがままなアイデアでも、弊社コンサルチームが真剣に検討します。

リッチメニュー切り替えによって、採用活動とは全く関係のない業界からも注目を浴びるようになり、新卒採用以外の導入実績も実際に増えてきています。

なので、「採用とは違う分野だけど何か使えそうだな…」と思われた場合、▶コチラからご連絡いただけると助かります。

実現可能かどうかを検証した上で、ご回答およびご提案させていただきます。(デモ版として簡易版を無料でお作りするケースもございます。)

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。