オンライン採用を効果的に行えるコツを教えます!

近年ではインターネット技術が発達した影響もあり、オンライン採用や面接を取り入れている企業も存在します。従来の面接方法に比べると時間的コストを削減できることから、オンライン採用を好む面接官も少なくありません。

とはいえ、オンライン採用は少々テイストの変わった手順が必要なのも事実です。メリット・デメリットをまじえ、オンライン採用に関するコツをご紹介します。

オンライン採用とは 

オンライン採用とは、インターネットを導入した採用活動を指します。

求人情報サイトや自社サイトを用いて、有望な人材や新卒を採用することがオンライン採用に当てはまるでしょう。ここまでは現代では当たり前ですよね。

最近多いのは面接もWeb上のツールを使い、遠隔で行うというものです。

オンライン採用のメリット・デメリット

オンライン採用が徐々に浸透しつつあるとはいえ、実際のメリット・デメリット面をよく把握できていないという方も多いでしょう。まずはオンライン採用のメリット・デメリットについてご紹介します。

オンライン採用のメリット

オンライン採用の中でもっとも強いメリットとして挙げられるのが、遠方の人材であっても気軽に面接を行えるということ。

交通費や宿泊費、移動時間などがネックになり、「思うように就職活動ができない」と悩んでいる人は多いです。

有能人材であったとしても、遠方だから、交通費がかかるという理由で面接すら諦めてしまう人もいます。

オンライン採用ではそういった幅広い人材とつながりを持つことができるため、有望人材を採用しやすくなるといえるでしょう。

そして、オンライン採用であれば面接日時に融通が効く点も見逃せません。面と向かって面接をする場合はお互いのスケジュール間でマッチングする部分を探す、あるいは面接時間を調節する必要がありますよね。しかし、オンライン採用であれば空いた時間で簡単に面接を行えるうえ、台風など突発的な自然現象で外出が困難になった場合でもリスケすることなく、自宅で面接することが可能です。

オンライン採用であれば各種書類をオンライン上のツールで管理することも可能なため、手元に資料として残す必要もありません。

オンライン採用のデメリット

一見、メリットしか無いオンライン採用ですが、方針を間違うとコストがかさんでしまうかもしれません。

オンラインだからといって、全員と面接すると採用担当者の時間的コストがかさんでしまいます。

また、オンライン採用やオンライン面接ではWebカメラや通信環境などある程度の整備が必要となり、高性能を求める場合は購入コストや回線整備の時間コストなどが掛かってしまうのも事実です。

他にも、オンライン上で手続きを進める場合は採用担当者がオンライン採用に慣れておく必要があります。撮影場所や画面揺れ、音質の良し悪しを考慮しなければ、オンライン面接がスムーズにいかない原因となってしまうことも。

また、面と向かっての面接ではないため、通信トラブルが起きてしまうと面接中の話のこしがおれてしまう可能性があるのもオンライン採用独自のデメリットとして挙げられるでしょう。

オンライン採用を成功させるためには

オンライン採用は幅広い人材を採用できるからこそ、どういった人材を確保したいのか、採用したい層を明確にしておく必要があります。

オンライン採用はツールを導入すると効率的に行うことができます。ただ、導入する製品は慎重に選ばなければなりません。

その際、オンライン採用で1つのポイントとなるのが、応募者情報の管理を適切に行えるツールであるかどうかということです。ここでは弊社のnext≫を、採用にお困りの採用担当者様へご紹介します。

「採用管理ツール」next≫なら

採用管理ツールnext≫であれば、応募者の一括・グループ管理ができ、タップ数やクリック数、滞在時間などを分析することが可能です。CSVデータと連携しており、フローごとの資料作成などもお手軽に済ませることができます。

特定のメッセージに対して自動応答する機能を活用すればリマインド時間の削減につなげることができるでしょう。採用管理ツールnext≫でコミュニケーションをLINE@内で完結させることで、応募者が気軽に企業セミナーの予約を行える仕組みです。

アンケート機能なども付いており、LINEだからこそ学生の目にも留まりやすいため、応募者の意見をローコストで手軽に集めることが可能な点も見逃せません。利便性の向上を見据えてオンライン採用を考えている場合は、採用管理ツールの導入をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

インターネット技術の発達により、昨今では面と向かって行う面接よりもオンライン採用を導入している企業も多くなってきています。売り手市場になった結果優秀な人材確保が難しくなった、と感じる企業が増えているのも事実です。

しかし、オンライン採用であれば門戸を幅広く設けることができるため、さまざまな人材とつながりを持つことができます。人的コストや時間コストを極力抑えつつ優秀な人材を集めたいという場合は、まさにオンライン採用がマッチしているといえるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。