新卒採用の戦略はどう立てるべき?ポイントやおすすめの手法をご紹介

 

新卒採用は会社にとって重要なポイントの1つです。何も考えずに曖昧なまま新卒採用を行っていると、会社の成長もストップしてしまう恐れがあります。今回はそんな新卒採用の戦略について、気をつけるべきポイントやおすすめの手法についてご紹介します。

新卒採用の戦略を立てる前にやるべきこと 

新卒採用の戦略を立てることは会社の成長の鍵です。とはいえ、新卒採用の戦略を立てるにはいくつかのポイントを抑える必要があるでしょう。まずは戦略を立てる前にやるべきことを紹介します。

求める人物像を明確にする

前提として、新卒採用の戦略を立てるには求める人物像を明確にしておくことが重要です。「新卒採用に力を入れよう!」と奮起をしているものの、育成コストを掛けたくないのであれば中途に絞るほうがいいでしょう。

まずは自社の経営戦略と照らし合わせ求められる人物像を明らかにすることが重要なポイントです。自社の課題を解決するために「必要なスキルをあわせ持っている人材を求めているのか」、「長期的に育成して求める人材を作り上げるのか」見極める必要があるといえるでしょう。

自社の未来を想定して、どういった人物像が必要となるのかしっかりと確認しておくことが大切です。

就活生や競合他社の動向を知る

就活生はさまざまな企業へ足を運んでいます。競合他社の動向によっては、優秀な人材を取られてしまうかも知れません。そこで新卒採用の戦略として重要なのが、意外ですが就活生が就活をしやすい環境を整えるということなのです。

学生が動きやすいといわれているのは、学校が休みの時期である夏休み期間や、冬休み、そしてスロースターターは4月から就職活動をする学生も存在するのです。通年採用によってさらに個人によって就活を始める時期は変わるでしょう。

どのようなスケジュールで就活をしているのか、就活生のデータを集めることが出来れば、自然と優秀な人材を集められるきっかけに繋がるかも知れません。

また、それを踏まえた上で、競合他社にどのような採用戦略を練っているのか把握しておくことも重要です。売り手市場ともいわれている今、競合に比べ自社にはどのような強みがあるのか見つめ直すことをおすすめします。

新卒採用の戦略を成功させるためのポイント 

採用したい人物像のイメージが固まったら、早速新卒採用の戦略を練っていきましょう。新卒採用の戦略を成功させるために必要な2つのポイントについてご紹介します。

母集団形成を徹底する

 母集団形成とは、新卒の中から自社に興味があり、選考へ進んでくれる学生を集めることを指します。例えば就活サイトを活用したり、企業説明会を行ったりして不特定多数の新卒相手へ求めている人材を訴求しても、自社が求めている人物像とはミスマッチの新卒者が来てしまうことは十分あり得るといえるでしょう。

そのため、どのように母集団を集めるかが1つの課題となっています。就活サイトや合同会社説明会を利用して、元の露出を増やしても良いですし、SNSなどで一風変わった手法を取ることも1つの手段です。

新卒採用の戦略としてそれぞれ費用が異なるため、応募者を増やす工夫を考える必要があるといえるでしょう。

社内一体となって採用活動に取り組む

新卒採用の戦略として大前提にあるのが、現場と経営が一体となって採用活動に取り組むということです。事業の拡大を目指しているのであれば「人材が何人必要なのか」「どのポジションを埋める人材がほしいのか」、新卒採用では前もって取り組みを行うことが重要になっています。

そして、優秀な人材を確保するためにも、多くの学生に興味を持ってもらうこともポイントです。説明会や面接など、人事部以外にも人員が必要となる際には社内一体となって協力する必要があるといえるでしょう。また、新卒採用では問い合わせが急増するため、採用活動に関する問い合わせ対応を事前に整えておくことをおすすめします。

新卒採用の戦略に効果的な手法

新卒採用に関する人材へのイメージ、そして採用者側が注意すべきポイントを把握いただいた上で、次は実際に新卒採用の戦略として効果的な手法についてご紹介します。

新卒紹介サービス

新卒採用の戦略として、もっとも活用されている方法の1つが新卒紹介サービスでしょう。成果報酬型となっており、求める人材を採用してはじめて費用が発生するため、場合によってはコストを抑えることも可能です。

紹介会社から直接新卒者の紹介をしてもらうため、採用担当者の負担を軽減することも出来ます。社会的認知度が低い企業であっても、新卒紹介サービスを経由することで人材確保に繋がるといえるでしょう。

ダイレクトソーシング

ダイレクトソーシングとは、採用担当者から学生へ直接アプローチを行う行為を指します。主にSNSを主体としてコミュニケーションを取ることで、新卒者から興味へつながり、採用にまで結びつけることが可能となっており、人材紹介では出会えない人材の発掘に繋がることも。

とはいえ、新卒採用の戦略としてダイレクトソーシングを導入する場合はメール文章やイベント実施など、採用担当者の広報力が試されるのも事実です。新卒者からの問い合わせメールなどもダイレクトに対応する必要があるため、採用担当者の負担が増えてしまう点は見逃せないでしょう。

そこで、弊社アローリンクが提供しているLINEで採用管理が出来るツール「next≫」を使えば、新卒者の面接から内定フォローまでLINE内で完結させることが可能です。担当者の負担を減らす自動応答機能や、採用フローのチェックにCSVダウンロード対応など、さまざまな機能を搭載しています。

身近なLINEだからこそ新卒者が参入しやすいというメリットもあるため、新卒採用の戦略に悩まれている場合はぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

まとめ

新卒採用の戦略として重要なポイントは、欲しい人材を見極めるということです。しかし、売り手市場となっている今、欲しい人材が来ることを待っていては思うように新卒採用が進まないことも…。ダイレクトソーシングであれば、欲しい人材へ直接アピールすることが出来るだけでなくローコストで採用フローを進めることが可能となっています。

しかし、採用担当者の負担が増えてしまうのも事実です。新卒採用の戦略を建てる上でスムーズに人材採用を進めるためにも、採用フローを一括で管理できるツールの導入を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。