新卒の採用管理の課題とは?企業力を高めるための管理のポイント

新卒の採用管理ができていないと、優秀な人材を逃したり、内定辞退が増加したりします。

欲しいとおもった人材をゲットできないと企業力を高めることができず、収益性や安定性にも悪影響が及ぶでしょう。新卒の採用管理の課題を確認し、適切に管理することで、優秀な人材を逃さず、スムーズな採用が可能となります。ここでは、新卒の採用管理の課題と管理の円滑化のポイントについて詳しくご紹介します。

新卒の採用管理における課題

まずは、新卒の採用管理における課題を確認しておきましょう。課題を明確にしなければ、適切に対処できません。すべての会社に当てはまるわけではありませんが、次のような課題はありませんか?

学生とのコミュニケーションがとれない

学生と円滑なコミュニケーションがとれず、結果的に内定辞退につながるケースがあります。コミュニケーションをとることは、企業に対する興味を高めてもらうことができ、内定率の向上につながるのでとても重要です。

コミュニケーションが取れないケースには、学生にメールを送っても見てくれない、電話に出てくれない、内定者フォローに割く時間がなく放置してしまうなどがあります。

メールや電話によるコミュニケーションが難しい理由には、単に学生が忙しいだけではなく、企業への志望度が低いことが挙げられます。志望度を無理に上げることはできないため、学生ごとの志望度を知ることが重要です。

そして、内定者を逃さないように、しっかりフォローする必要があります。しかし、他の業務に追われて内定者をフォローできない場合もあるでしょう。だからこそ、効率的な管理とフォローができるよう社内の状況を整えなければならないのです。

内定者の確保にたどりつかない

書類選考に通過した学生と面接したくても、面接日程の確保に時間がかかり、辞退されてしまうケースがあります。また、内定の報告が遅れたために、他の企業を選ばれてしまったり、内定を辞退されたりするケースもあるのです。

まずは、面接日を確保できない状況は一刻も早く解消したいところでしょう。また、内定の報告が遅れることは、企業が思っている以上に学生の精神に揺さぶりをかけるため、たとえ内定の報告を受けたとしても辞退されるリスクが高まります。

このような、企業側に原因がある採用ミスをできるだけ少なくすることで、優秀な人材の確保につながります。

応募情報の管理がうまくいかない

人気の企業は、日々たくさんの応募書類が届きます。応募者があまりに多いと、書類選考の基準を引き上げざるを得ません。また、応募者を振り落としたとしても、大量の応募情報の適切な管理が求められます。

このような情報の管理は、エクセルで行っている会社が多いのではないでしょうか。エクセルもノートに手書きをするのも大した違いがありません。管理が複雑化することで、応募情報を適切に運用することが難しくなるのです。

工数がかかる

学生にメールを送るまでに時間がかかったり、そこに行き着くまでの作業が多かったりすることも、採用の課題と言えます。送りたい学生をエクセルで管理しているファイルの中から探し、メールアドレスをコピーしてメールを開くという複数の工程があると、100人にメールを送るだけで多大な時間が必要となります。

そうなれば時間的な問題が起こり、内定の報告が遅れるなど他のトラブルにつながるのです。

新卒の採用管理は「採用管理システム」で解決しよう

新卒の採用管理の課題は、「採用管理システム」を活用することで解決できます。採用管理システムの特徴や導入のメリットについて、詳しくみていきましょう。

採用業務を一元管理できる

応募から内定までの流れを一括で管理できます。応募者ごとの状況が一目でわかるため、次のステップへスムーズに進めるのです。また、面倒なメール送信も自動化できるため、他の業務を圧迫しません。

そして、簡単に情報を共有できることで、他部署との連携や学生への連絡漏れを防げるでしょう。企業と学生の双方にとって、対応の負担を大きく減らせます。このようなシステムを導入している企業は、最新の情報やソフトウェアに敏感なイメージを与えられるため、将来性があるといった印象を与えられるでしょう。

 学生とのコミュニケーションがとりやすくなる

学生の志望度を可視化できるため、内定辞退の可能性を確認できます。保険として、内定を出す人数を増やすといった戦略もとりやすくなるでしょう。採用管理システムの中でもおすすめなのが、メールや電話ではなく、ほとんどの学生が利用しているLINEを使用した採用管理システムです。

next」であれば、LINEを通じて学生とコミュニケーションをとれるため、より一層連絡ミスを防ぎやすくなります。学生としても気軽に変身しやすく、企業に対して親近感を覚えやすくなるでしょう。

まとめ

新卒の採用管理を徹底すれば、優秀な人材を確実に採用できるようになります。

逆に、採用管理ができていないと、せっかくの人材を逃してしまうでしょう。採用管理システムを導入すれば、日々の業務負担や連絡ミスのリスクを大きく減らせます。企業と応募者は対等な立場のため、円滑な連絡やフォローに力を入れることが大切です。採用管理システムの「next≫」を導入して、学生がなじみやすいLINEを用いた採用活動を試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。