【2020年下半期】採用ツールの種類や特徴を解説!

近年は労働人口が減少し、採用市場が大きく変化しつつあります。

以前のような採用方法では優秀な人材の確保が難しく、新たに採用ツールを検討する企業も増えているようです。

 

いくつもの種類があるため何を利用すれば良いか悩むことも多いでしょう。

今回は、そんな採用ツールの種類や特徴について解説していきますので、採用ツール選びにぜひご参考ください。

 

採用ツールとは

そもそも採用ツールとはどのようなものか、役割と重要性について解説していきます。

採用業務を補助する役割をもったもの

採用ツールとは、採用業務を補助する役割のもの全般を表しています

  • 企業理解の促進
  • 採用情報の公開
  • 社内の雰囲気や魅力をアピール

などが主な目的になるでしょう。

 

採用ツール自体は外注もしくは自社で内製、運用をするのが一般的です。

 

現代では、Web上で運用できる採用ツールが主流になりつつあり、人材確保のためには非常に重要だとされています。

 

その理由については、次の項で詳しく説明しましょう。

 

採用ツールの活用がなぜ重要なのか

採用ツールが重要視される理由としては、採用市場の変化があげられます。

 

過去には、求人を出すだけで多くの応募者が集まった時代もあるようですが、近年は労働人口の減少による売り手市場です。

そのため、短期間で効率的な採用活動が求められており、ツールを活用できなければ優秀な人材の確保は困難になるでしょう。

 

また、採用手法・採用媒体の多様化が進んでいるのも要因です。

  • ソーシャルリクルーティング
  • オウンドメディアリクルーティング
  • ダイレクトリクルーティング
  • リファラル採用 など

これらのように、さまざまな採用方法に対応したツールが進出しています

 

メリット・デメリット

採用ツールのメリットとデメリットについて解説します。

 

メリット

採用専用ツールを使用することによって、ほかの業務と重複することがなくなり効率アップが図れます。

自社のブランド力など、企業情報や魅力を効率的に伝えることができ認知度アップが可能です。

多くの情報を発信して認知度も上がるため、優秀な人材の確保もしやすくなります。

 

デメリット

ツールごとに使い方や特徴が異なり、正しく使わなければ効果が得られません。

予算も必要になることから、うまく活用できなければ出費だけが増えることになるでしょう。

 

採用手法やツールにはトレンドがあるため、ターゲットや潮流、自社に合ったツールの種類と特徴を精査する必要があります

 

採用ツールにはどのような種類がある

それでは採用ツールの種類と特徴について見ていきましょう。

求人サイト

Webの媒体に求人広告を出稿する方法です。

 

現在の主流で効果も出やすいといわれています。登録条件に沿った求人メールが届くなど多機能化している便利なツールです。

 

自社HP内の採用ページ

自社の採用に関する情報をまとめて公開する方法です。

 

ファーストアプローチを製作段階からカスタマイズできるため、時代やニーズに合わせて適宜変更ができます。

 

気になる会社をWebで調べる人も多いため、有効なツールのひとつになるでしょう。

 

SNS

企業や採用担当者のSNSアカウントを開設して情報発信を行う手段です。

 

無料か低価格でフランクな使い方ができるメリットがあり、幅広い層へのアプローチと質問への対応ができます。

 

一般公開されており、公共性や拡散性が高い点が魅力です。自社HPと連動させることで、さらに効果が高まるでしょう。

 

印刷物

ポスターや会社案内リーフレットなどオフラインでの採用ツールです。

 

社員数が多いなど規模が大きい会社に向いており、紙媒体だけでなくデータ化してWebで公開することもできます。

 

動画コンテンツ

独自性のアピールや社内の雰囲気など、テキスト情報だけでは伝わりにくい部分を補助する位置づけになることが多くあります。

 

特に社員インタビューなどは目を引きやすく、リアルな情報として注目されやすいでしょう

動画の活用例

  • Webページに埋め込む
  • CM
  • 説明会で放映 など

動画があるということで「新しい会社」というイメージを与え、技術的にも先進しているというアピールができます。

 

ツールを活かして採用を行うポイント

ツールを活用して採用につなげるためのポイントを解説します。

①自社の状況に合った採用ツールを選ぶ

まず採用ツールの運用に必要な人員が確保できるかは重要です。

 

そしてツール操作の手軽さもポイントで、容易であれば運用も少人数で可能になるでしょう。

 

②採用するターゲットを明確に定める

採用ターゲットによっては、必要なツールや募集方法も変化します

 

また、事前に明確化しておくことで採用可否・見込みの判断基準になり、採用の共通認識を作ると属人化が避けられるでしょう。

 

③採用ツールの良点・欠点を理解する

時代に合わせて多くの採用ツールが登場していますが、従来の採用ツールがダメというわけではありません

アナログの採用ツールの資料・冊子などは求職者の手元に残すことができます。地域やターゲットによっては、こちらの方が有効に働く場合もあるでしょう。

それぞれの特徴を理解することが大切で、デジタルとアナログ両者を組み合わせて補強していくのもひとつの方法です。

 

新しい採用ツールの導入を検討中の場合には、LINEを活用した採用管理ツール『next≫』(https://line-next.com/)がおすすめです。

 

採用ツールの経験が無い場合でも、導入から導入後までのサポートがしっかりしているnext≫なら安心して利用することができます。

コミュニケーションはLINEで完結でき複雑な操作も必要ありません。

next≫はターゲット層に浸透しているLINEを活用しているため、ほかの採用ツールに比べコミュニケーションのとりやすさに特化しています。

応募者管理機能を使うことで、応募見込み、応募、選考までの連絡業務を均一化することが可能です。

 

充実した管理機能で効率アップが図れ、コミュニケーションに優れたnext≫をぜひご利用ください。

まとめ

 

今回は採用ツールについて、種類や特徴などを解説しました。

 

近年は労働者の減少で採用手法も大きく変化しています。アナログな採用ツールだけでは、十分な効果が期待できない可能性があり、トレンドに合わせたツールの検討が必要でしょう。

 

しかし、うまく使いこなせないと効果が発揮されません。新しいツールをお探しの方は、サポートが充実しているnext≫をぜひご検討ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。