おすすめの採用管理システムはコレ!選び方のポイントとは

アロタメTV

 

企業が採用活動を行う場合には、理想とする人材を効率的に探したいと考えるでしょう。しかし、欲しい人材を探し、採用までいたることは容易なことではありません。

そこで活用できるのが採用管理システムです。選ぶポイントや、おすすめのシステムを紹介します。

 

採用管理システムを選ぶポイント

採用管理システムとは、応募者の情報の管理や、面接日程の調整など、採用に関する管理が一括でできるクラウドシステムです。数あるなかから、どのような採用管理システムを選べば良いのでしょうか。

 

導入目的

まず、自社が採用に関してどのような課題があり、それによってどのような導入目的をもっているのか整理しましょう。

 

システムにはそれぞれの特徴があります。導入する目的と合っているのか判断することが大切です。

 

例えば、「応募数を増やしたい」「手間がかかる工数を削減したい」「データ分析を行いたい」な、なぜ採用管理システムを導入しようと思ったのかを明確にするところからはじめましょう。

 

機能性

採用管理システムには、さまざまな機能が搭載されています。

使いたいと思っている機能がきちんと備わっているかみてみましょう。

 

また、その機能は本当に目的を果たす機能なのかも確認することが重要です。

そのため、募集から採用までのシミュレーションをしっかりと行ってください。

 

コスト

採用管理システムには無料のものもありますが、多くの機能をもつシステムにはもちろん費用がかかるものもあります。

どの程度まで費用をかけることができるのか、あらかじめ決めておきましょう。導入コストだけではなく、月々の利用料などの運用コストも確認してください。

 

多くの機能があっても、費用が高いと結局負担となってしまうこともあります。そのような場合には、最も必要だと思われる機能を絞ると良いでしょう。

採用規模を考えて自社に合ったものを選ぶようにしてください。

 

操作性

システムの操作性も事前に確認しておくことが肝心です。

たくさんの機能があっても使いこなすことができないと意味がありません。

 

また、あまりに操作性が難しいものだと、使うこと自体が億劫になる可能性もあります。それでは採用目的も達成できません。

トライアルやデモがある場合には、一度試してから判断すると良いでしょう。

 

サポート

自社に合うような採用管理システムを見つけることができたら、最後にサポート体制があるのかを確認してください。

 

いままでの採用活動からやり方を変え、新しいシステムを導入するわけなので、最初はかなりの労力を使います。特に、担当者がこのようなシステムに不慣れな場合には、しっかりとサポートがついていないと運用が難しいでしょう。

効果的な使い方ができるように、サポート体制が万全なシステムを選んでください。

 

おすすめの採用管理システム

では、おすすめの採用管理システムを紹介します。

ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

 

next

next≫は、LINEを使ったコミュニケーションが可能な採用管理システムです。LINEを学生とのコミュニケーション手段に使うことによって、円滑にやり取りを進めることができます。

 

応募者の開封率は、メールよりLINEの方が確実にアップします。それにより、採用担当者の負担も軽減することができるでしょう。

コミュニケーション以外にも、学生情報のデータベース機能など管理機能が充実しています。サポート体制も整っているので導入後も安心です。

ジョブカン採用管理

新卒だけでなく、中途やアルバイトなどにも使うことができる採用管理システムです。

応募者の状況を一目で確認することができ、また、ユーザー同士での共有もできるので採用活動を効率良く行うことができます。

有料プラン、無料プランがあるので、採用人数や利用したい機能に合わせて選ぶことが可能です。

 

リクオプ

応募者の対応漏れをなくすために、しっかり管理ができるシステムです。

採用率を高めることができる管理機能が充実しています。オプションで機能の拡張ができるのも特徴のひとつです。

 

また、リクオプでは自社採用サイトも作ることができます。

各企業だけのオリジナルのサイトを作成することができるので、いままでとはちがう切り口からの採用活動を行うことができるでしょう。

 

SONAR

採用状況をグラフなどで可視化することができる採用管理システムです。

採用情報の管理、分析も可能です。

 

また、応募者への連絡を自動化できるシステムがあるため、採用担当者の工数を大幅に減らすことができるでしょう。

 

HRMOS

求人票の作成、採用の管理や分析まで一元で管理することができるシステムです。

新卒や第二新卒、中途など幅広いフェーズで活用することができます。

機能数も多く、採用業務の自動化・効率化が可能です。また、通年採用に最適化された機能もあります。

 

まとめ

 

採用管理システムを導入すれば、効率の良い採用活動が可能になります。

数多くある採用管理システムから、ひとつを選ぶのはなかなか難しいですが、ポイントをおさえれば自社に合った採用管理システムを選ぶことが可能です。

 

各システムの機能や操作性、コストなどをまずは確認しましょう。

また、このようなシステム導入がはじめての方は、サポート体制がしっかり整ったものを選ぶようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。