就活生が本当に知りたいことは?ニーズに合わせた情報を伝えよう

就職活動において、正しい企業情報を知っておくことは、企業を選択するのに必要不可欠なものです。しかし、企業側から伝える情報と、就活生が実際に知りたい内容は、一致していないのが現状なのです。
就活生は、どのような情報を知りたいと思っているのでしょうか。
就活生が知りたい情報を押さえ的確に伝達することで、応募数の増加・内定者のミスマッチの防止などさまざまな効果が期待できます。

就活生が知りたいことと企業が伝えたいことは一致していない

就活生が知りたいことと企業が伝えたい内容は、大きな開きがあるのです。企業は、就活生に対して、企業理念、製品や商品について、業界に関する詳しい説明などを伝えようとする傾向があります。しかし、これらは就活生が知りたいこととは離れているのです。詳しい内容は後述しますが、双方の思惑にギャップがあることは否めません。

求人情報の中に、就活生が知りたい情報を組み込んでいる企業は、就活生の目に止まりやすく、就活生に興味を持ってもらえる可能性が高まります。これらの内容を聞きたいと心で思っていても、採用選考に影響が出るのを心配するあまり、質問できない就活生も多いのです。解決できないまま入社してからギャップに気づき、早期退職に繋がる恐れもあります。
このような事態を少しでも防ぐために、就活生と企業が考える方向性を一致させることが求められます。

思わずエントリーしてしまう!学生が魅力を感じる企業の特徴8選

就活生が本当に知りたいこと

それでは、就活生が本当に知りたいと思っている内容とは、どんなものなのでしょうか。

仕事内容

就活生が最も知りたいのは、「実際に働くうえでの仕事内容」との声が多くあがっています。
企業側からすると、仕事内容は求人票に記載してあるので、就活生は理解したうえで応募していると思っている傾向があります。しかし、これだけでは、就活生が入社後に働く姿をイメージしづらいものです。
例えば、「製造」や「営業」とだけ書かれていても、社員として働いた経験がない就活生にとって、漠然としたイメージしか浮かばないでしょう。具体的な業務内容や、自分が希望する仕事と一致しているのかなどを知ると、企業や仕事に対してさらに興味が高まるのです。

労働環境

働き方改革の浸透に加え、現代の就活生は仕事とプライベートをうまく両立させて、どちらも充実した生活を送りたいと考えるようになっています。
そのためには、残業時間がどのくらいあるのか、休日出勤はあるのかなどの情報を入社前に知りたいと考えているのです。ワークライフバランスがとれるかを重視し、プライベートと両立できる企業への就職を希望するのは、自然な流れといえるのかも知れません。

社内の雰囲気

毎日仕事をする場所の雰囲気が、あまり良くなかったとしたら、それだけで入社する意欲がなくなってしまうのではないでしょうか。
働きやすい職場の重要な条件として、社内の雰囲気が良いことがあげられます。雰囲気が良いことで、社員の士気も上がり、生産性も増す傾向が見られます。
先輩・上司が、どのような雰囲気の中で働いているのかを知り、社風が合っている企業を選ぶことで、ミスマッチが防げるようになるでしょう。

就活生が会社を選ぶ際に重視していること

就活生は、今までアルバイトとして働いたことはあっても、社員としての就業経験はありません。これから社員として働いていくために、どのような点を重視して会社を選ぶことが求められるのでしょうか。

働きやすい職場かどうか

仕事内容や人間関係の次に重視されるのが、福利厚生の充実度です。福利厚生は、企業によって内容が大きく異なることや、内容が充実していると社員を大切にしていると感じられることなどいわれています。人によっては、給料と同じくらい福利厚生を重視する場合もあるほどです。
産休・育休だけでなく、フレックスタイムや在宅勤務、時短勤務、副業や兼業の許可など、多様な働き方ができる企業に人気が集まっています。
多様な働き方ができることで、優秀な人材の離職を防げる・生産性が向上する・コスト削減できる・創造性が高まるなど、企業側のメリットも大きいのです。
また最近では会社独自の特別休暇や、リラックスできる設備の導入など、その会社の個性がユニークな福利厚生を取り入れている会社も増えています。

スキルアップできる環境か

かつての日本は、一度就職すると定年まで同じ企業で働く「終身雇用制」が一般的でした。しかし、現代ではその傾向が大幅に薄れており、チャンスがあれば自分の能力をさらに活かしてくれる企業で成長したいと捉える人が増えているのです。
企業の寿命が短くなっていることもあり、将来を見据えてスキルアップしていくことが重要視されています。企業でも、スキルアップできる環境を整えているところが増えていますので、そのような企業を選ぶ傾向がみられます。

【学生が集まらない企業必見】会社説明会の集客のコツを徹底解説!

まとめ

就活生が知りたいことは、これから企業で仕事をしていくうえですぐ役立つ内容ばかりです。企業の採用担当者の方は、会社説明会や面談などでできる限り多くの情報を取り入れ、就活生に職場の実情を伝えるように心がけていただければ幸いです。
そうすることでミスマッチを事前に防ぐことができ、会社の離職率の低下させることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。