採用管理システムを比較するときに注目したいポイントと注意点

採用活動にかかわる業務負担の軽減や効率化の手段として、採用管理システムの導入を検討している企業もあるのではないでしょうか。

しかし、数多くある採用管理システムの中から自社に合うものを導入するには、採用管理システムの比較検討を行う必要があります。

この記事では、採用管理システムとはどのようなものなのかという点に加え、比較する際に重要になるポイントについても紹介しています。

採用管理システムとは?

採用管理システムとは、ATS(Applicant Tracking System)とも呼ばれ、求人募集などを含む採用活動のさまざまな業務を効率化するものです。

システム内で求人者の情報やスケジュールを一括管理できるため、応募者の多い企業の採用担当者でも管理が容易になる利点があります。

応募した動機や経路などの分析も可能なため、求人広告の出し方・掲載先などを検討する材料として活用できるのも特徴です。

採用管理システムを比較する上で重要なポイント

ここからは、数多くある採用管理システムを比較検討する際に、重要になるポイントについて見ていきましょう。

導入目的

なぜ採用管理システムを導入するのか、目的を明確にしておくことが重要なポイントのひとつです。

目的が明確になっていれば、その目的に見合う採用管理システムを導入すれば良いため、絞り込むことが容易になります。

「応募数を増やしたい」「求人者の情報を簡易化したい」「採用チャネルを絞ってコスト削減につなげたい」など、具体的にイメージしておきましょう。

目的達成に必要な機能が搭載されている採用管理システムをリストアップし、必要な機能がないものを候補から外していく形です。

コスト

採用管理システムの導入によって、どの程度のコストがかかるのかを比較検討することも大切です。

また、導入コストだけでなく運用コストについても総合的に判断しなければなりません。

基本的には、多機能なものほどコストが高くなる傾向にあるため、目的に合わせて必要な機能のみが備わっているものを選択する必要があります。

使用しない機能があるとコストの無駄が発生するため、必要な機能を最大限活用できるものを選びましょう。

操作性

採用管理システムを使用する社員は、年齢層やツールの操作が得意か否かも異なります。

そのため、導入する採用管理システムの操作性が高く、どの社員でも使いやすいものを選ぶのも比較検討する際のポイントのひとつです。

デモ画面やお試し期間などを活用して実際に操作性を比較し、使いやすいものを選びましょう。

next≫であればデモ版の利用が可能なため、導入に踏み切る前に実際の操作画面を体験することができます。

LINEで採用活動を進めることができる特徴があり、求職者とのやり取りもすべてLINEで完結するため採用活動がスムーズになるのも利点です。

管理機能も充実しており、応募者の管理だけでなくグループ管理や自動応答機能などの業務効率化に役立つ機能が豊富にあります。

next≫にはさまざまな機能が搭載されていますが、すべて採用に欠かせない機能になるため、無駄なく最大限に活用できるのも特徴です。

採用管理システムの導入をご検討の際には、ぜひnext≫のデモ版をお試しください。

サポートサービス

採用管理システムは、実際に導入してみなければわからないことも多くあります。

機能の使い方や活用方法などの不明点が出た際に、サポートしてくれるサービスの有無も確認しておくことが重要です。

サポートのスピードも採用管理システムを比較する際に重要なポイントになるため、事前に確認しておく必要があります。

採用管理システムを導入する上での注意点

採用管理システムを導入する上での注意点として、以下のような項目が挙げられます。導入に備えて、事前にチェックしておきましょう。

機能の取捨選択

上述のように、採用管理システムは多機能なものも多くあり、機能の取捨選択を行わなければコストが負担となる可能性があります。

すべての機能が必要とは限らないため、自社における採用フローの問題解決に必要ない機能は省くことが大切です。

必要ない機能が多くあるものは、必要な機能が備わっていても候補から外すようにしましょう。

求人媒体との連携がスムーズにできるか

採用管理システムが求人媒体との連携をスムーズに取れるか、という点も確認しておきましょう。

連携していれば採用活動がスムーズになるため、自社が求人を掲載している媒体との連携の有無もチェックしておくと活用の幅が広がります。

セキュリティ面を重視

応募者の個人情報や自社の採用戦略にかかわる情報を扱うため、セキュリティ面の確認は欠かせません。

情報漏洩によって会社の信用が落ちてしまえば、採用活動だけでなく経営にも影響しかねないためです。

このようなリスクを避けるためにも、セキュリティ対策がしっかりと行われている採用管理システムを導入する必要があります。

ページ作成機能が搭載されているものは注意

採用管理システムの中には、ページ作成機能が搭載されているものもあります。

自社の求人ページなどを作成する際に役立ちますが、すでに自社サイトなどを持っている企業にとっては不要な機能です。

そのほかの機能同様に、ページ作成機能の必要性の可否についても検討しておきましょう。

契約形態を確認

採用管理システムによって、契約の形態が異なる点にも注意が必要です。

契約期間内の中途解約ができないものも多く、万が一自社に合わずに解約する場合でも期間内のコスト負担が必要になる契約があります。

そのような場合に備えて、契約期間が短いものを選択する方法もありますが、可能な限り事前にデモ版や試験導入などを活用しましょう。

まとめ

採用管理システムは、採用活動にかかわる業務負担の軽減だけでなく、メール管理などによる見落としも防ぐことができます。

導入を検討する際には目的や必要な機能をリストアップするなど、具体的な活用状況をイメージしながら比較することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。