採用を成功させるためにはスピード感が重要!良い人材の採用方法

採用活動は企業の成長戦略に欠かせない要素のひとつであり、優秀な人材の確保を巡って企業間の競争は激化しています。

他社と差をつけながら自社に必要な人材を採用するためには、採用スピードが非常に重要です。

この記事では、採用スピードが遅いと採用活動にどのような影響が出るのかという点に加え、採用スピードアップのためのコツを紹介します。

 

採用活動のスピードが遅いとどうなる?

 

採用活動のスピードが遅いと、応募者が選考途中で離脱してしまう可能性があります。

応募してからのレスポンスが遅いなど、他社と比べる時間ができてしまうことも理由のひとつです。

より条件の良いところやレスポンスの早い企業に人材が流れてしまうと、選考を辞退される場合があります。

 

多数企業にとやり取りしている応募者に対してレスポンスが遅い場合、面接や説明会のスケジュール確保が後手に回ることも少なくありません。

また、スピード感がないことで対応に不安を感じるなど、応募を断念してしまう場合もあるでしょう。

 

結果的に良い人材が他社に流れて逃してしまうため、他社に流れるのを防ぐためにもスピード感をもって対応するように意識する必要があります。

採用活動のスピード感を上げるためには

 

採用活動のスピードを向上させるためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

 

採用活動のスピードアップを図るには、スケジュールの早期決定と面接から内定の流れをスムーズにすることが重要です。

ここからは、採用活動のスピード感を上げるための具体的なポイントや手段について紹介します。

また、採用活動の効率アップに役立つツールについても触れていますので、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

採用スケジュールを公表する

まずは、募集段階で採用スケジュールを公表し、求職者が就職活動のスケジュールを立てやすいようにすることがポイントです。

事前に立てておいたスケジュール通りに準備や選考を行えば良いため、現場で日程調整を行う必要がなくなります。

 

とくに、説明会やエントリーの締め切りなど、全体的なスケジュールの日程は事前に決定しておきましょう。

採用スケジュールが明確になっていれば「この日は空いているから説明会に行ってみようかな」など、興味を持つ層を増やすことができます。

 

説明会などで魅力をアピールできれば結果的に応募につながる可能性も高くなるため、スケジュールはスピード重視で公表することが大切です。

 

変則的な面接もOKにする。。

採用スピードが重要になる場面のひとつに、面接のスケジュール調整が挙げられます。

応募者は複数の企業の選考を並行して受けていることが多く、自社が提示したスケジュールで面接日を調整することが難しい場合もあるでしょう。

 

そのような場合には、やや早め・遅めの時間帯での面接も可能とするなど、応募者の都合に合わせて柔軟に対応することが重要です。

 

また、遠方でスケジュールの確保が難しい場合などを考慮し、オンライン面接を取り入れる方法もあります。

 

面接を数週間先のスケジュールにするよりも、上述のような方法で直近の日程で行う方が内定を出すスピードがアップするのも利点のひとつです。

 

他社の方が先に内定を出していると人材がそちらに流れてしまう可能性があるため、人材確保においては面接のスピードも重要になります。

 

ツールを活用する

採用スピードを向上させるための手段として、採用活動に役立つツールを活用するのもおすすめです。

next≫であれば、応募者とのやり取りや応募者情報をツールで一元管理できるようになるため、スピーディーに対応することができます。

すべての対応を人力で行うよりも、応募受付や説明会案内などをnext≫で自動化すれば業務負担軽減とスピードアップの両方が実現できるでしょう。

 

next≫はLINEで応募者とのやり取りがすべて完結するため、連絡や相談などの対応も定型文なくやり取りできて便利です。

また、LINEを活用した採用活動は、将来的な就職潜在層の獲得にも役立つ利点があります。

 

採用活動や企業認知度向上にメルマガを活用している企業もありますが、メールの開封率は約15~20%程度とほとんどの人が開封していません。

 

一方でLINEの公式アカウントによる情報発信の開封率は約60%程度と非常に高く、情報発信に活用できるメリットもあります。

LINEを活用した方が説明会の案内や、自社の採用サイトなどを見てもらえる確率が大幅に向上するため、認知度向上や潜在層獲得に効果的です。

採用スピード向上だけでなく、採用担当者の業務負担軽減や採用広報にも活用できるnext≫の導入をぜひご検討ください。

 

まとめ

 

採用スピードは、企業間の採用競争において非常に重要になる要素のひとつです。企業によっては説明会の時点で面談を行い、内々定を出しているところもあります。

しかし、採用選考全体をスピーディーに進めながらも、しっかりと自社に必要な人材かを見極めなければなりません。

 

そのためには、採用活動に役立つツールなどを活用して業務負担を軽減しながら、応募者全体を把握するための一元管理を取り入れるのも効果的です。

効率よく採用活動を進めることができるようになるため、採用スピード向上と同時に採用コストの削減にも役立つのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。