採用におけるミスマッチはなぜ起こる?防ぐ方法はあるのか

せっかく採用しても、ミスマッチが発生して早期離職となってしまい、なかなか安定した人材を確保できない企業も多いです。

ここでは、どんなミスマッチがあるのか、ミスマッチを防ぐにはどうすれば良いのかについてご紹介します。

 

採用におけるミスマッチにはどんなものがあるのか

 

採用におけるミスマッチを防ぐために、どのようなミスマッチが発生しやすいのかを知っておく必要があります。

離職につながってしまうもっとも多い理由に、仕事内容へのミスマッチが挙げられます。

求職者がイメージしていた業務内容と、実際の業務内容にギャップがある場合、離職につながる可能性が高いです。

 

続いて多いのが、労働条件のミスマッチです。応募時や面接時に聞かされていた条件と異なる場合は、離職につながります。

たとえば、休日や残業時間などが挙げられ、採用された側の人材はミスマッチを目の当たりにするとモチベーション低下を生じて、会社への不信感を募らせるでしょう。

 

人間関係や働く環境がイメージと異なる場合も、離職につながります。

とくに人間関係については、就業してからでないと分からないことも多いです。

企業側は、できるだけ普段からコミュニケーションを取って、円滑な人間関係を築いておく必要があります。

 

採用におけるミスマッチを防ぐ方法

 

離職につながるミスマッチがわかったところで、次はこのようなミスマッチを防ぐ方法をご紹介します。

自社に合う人物像をしっかり決める

 

面接の場は、どちらか一方がアピールする場ではなく、求職者と企業が双方マッチングするのかを確認する場所です。

そのため、自社が求めている人物像や欲しいスキル、目指す方向性をしっかり伝える必要があります。

 

求職者にしっかり伝わるように、上手く言語化しておきましょう。

複数人で面接する場合は、面接官全員で会社の理念や求めている人物像が一致するように、情報を共有しておいてください。

 

すべての面接官が、しっかりと自社に合う人材を言語化できることは、質の良い採用には必要不可欠です。

面接だけでは判断が難しい場合など、採用フローの見直しもできるようになります。

 

入社後のことをリアルに伝える

少しでも会社に興味を持ってほしいあまり、求人募集の段階で良い面だけを伝えすぎていないでしょうか?

 

企業側は、少しでも良い人材を確保したいため、転職して得られるメリットばかりを並べてしまいがちです。

会社の欠点を応募者に伝えることは、一見会社にとってマイナスになる行為に思えますが、入社後のことをリアルに伝えることでミスマッチを防ぎ、双方にとって良い方向に働くことが多いといえます。

 

今一度、社内全体で起きている問題や弱い部分を洗い出してみて、まとめておくと良いでしょう。

面接時には、会社の良い面やメリットを話しつつ、ネガティブな部分もしっかりと話して、求職者に信頼してもらえるようにしてください。

 

入社後のフォローをする

求職者が入社して終わりではなく、入社してからがスタート地点です。

面接の段階で、詳しく話をしていても、実際に入社してから気付くギャップもたくさんあります。

 

入社後のギャップによる不満や不安、ストレスを放置してしまうと、離職につながると考えられますので、会社全体でフォローしていくことが大切です。

 

たとえば、教育制度の充実や個別面談をして現状抱えている不満や不安を聞き出し、それを改善していくなど、働きやすい環境を構築する努力を惜しまないようにしましょう。

 

LINEでコミュニケーションが取れるnext≫でミスマッチを防ぐ

 

ミスマッチからの離職を防ぐには、入社前に双方の思いや考え方を把握しておくことが大切です。

思いや考え方を伝えたり知ったりするには、綿密なコミュニケーションを取る必要があります。

わかってはいても、なかなか入社前の段階でコミュニケーションを取るのは大変です。

優秀な人材を確保したい、ミスマッチを防ぎたい企業は、LINEを使ってコミュニケーションが取れるnext≫を活用してみてください。

 

LINEは、メールに比べメッセージ開封率が高いことが実証されています。

next≫では、採用活動における求職者とのコミュニケーションが、LINEですべて完結するので、親密感あふれるコミュニケーションが可能になるほか、スピード感のある採用が可能です。

 

求職者情報を管理する機能も充実しているので、採用業務の負担を大幅に減らしつつ、優秀な人材の確保を実現させます。

LINEを使ったコミュニケーションで接触機会を増やすことは、求職者の帰属意識を芽生えさせることにもつながります。

実際に、next≫を利用し、内定辞退者を減らした企業はとても多いです。

自動応答機能も搭載しているので、求職者の質問にもスムーズに返答できます。

スムーズなやり取りは、求職者の不安を軽減し、説明会や選考会の欠席を防ぐことも可能です。

採用業務に関わるコストを削減し、質の高い採用を目指すなら、ぜひnext≫を利用してみてください。

まとめ

 

会社と求職者のミスマッチを完璧になくすことは難しいですが、採用前の親密なコミュニケーションを実施すると減らすことはできます。

採用活動をしていく中で、求職者側の不安や不満を少しでも取り除くことは、質の高い人材の確保につながるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。