入社後にギャップが生まれる原因は?予防するにはどうすべき?

人材を確保したものの、早期離職に頭を悩ませている企業は多いです。早期離職が起こる原因のひとつに、入社前と入社後のギャップが生じていることが挙げられます。

ここでは、多くの人が入社後に感じるギャップには何があるのか、そしてギャップが生じないようにするためには、どのような対策があるのかについてご紹介します。

 

入社後、どんなところにギャップを感じる?

 

早期離職を決意した人の多くが感じている、入社後のギャップ。

まずは、どのようなギャップが原因で離職につながってしまったのかを推測できなければ、対策は取れません。

多くの人が感じている入社後のギャップには、以下の4つの原因が考えられます。

 

待遇

給与や福利厚生など、入社前の期待値が高ければ高いほど入社後にギャップを感じてしまいます

 

例えば、同業種の会社では、残業しなくてももらえる金額が、入社した会社では残業をしてやっと届くレベルだった場合や、給与に不満はなくとも育児や異動制度などを利用しようとした際に、厳しい条件をクリアしないと認められないといったものです。

近年では、法律で定められている法定福利厚生以外にも、企業が独自で作った法定外福利厚生にも注目が集まっており、手厚い福利厚生や自分に合った福利厚生から会社を選ぶ人もいます。

入職者が想像していた待遇が受けられなかった場合は、早期離職につながってしまうでしょう。

 

業務

早期離職につながる入社後のギャップで、もっとも多いのが業務に関するものです。

希望している部署に配属されなかった場合や、自分が望む仕事をさせてもらえないときに、このギャップが生じます。

 

責任のある仕事を任せてもらえない、仕事内容が合わないなど、会社が期待している働きと入職者が望んでいる仕事像の差があまりにも大きすぎると、離職につながる可能性が高いです。

 

社風

社風のミスマッチも、離職を招きます。

たとえば、前職がトップダウンの強い会社であったため、自由な社風を期待して入社してきたにもかかわらず、前職よりも自由がなかったという場合や、思っていた社風とかけ離れていたという場合に起こりやすいです。

 

それとは逆に、前職の社風と大きく違いすぎて馴染めないという人もいます。

社内の雰囲気やコミュニケーションのスタイルに馴染めないと、いくら仕事が自分に合っていても辞めてしまうケースは多いでしょう。

 

人間関係

先ほどの社風とも通じるところですが、人間関係が原因で離職してしまう人も多いです。上司や同僚が優しい人ばかりであっても、アットホームな馴れ合いが苦手な人では居づらいと感じますし、体育会系の雰囲気が苦手な人も多いです。

 

人間関係については、入社してからでないとわかりにくいこともありますが、できる限り面接時点で伝えておくとミスマッチは減るでしょう。

 

入社後にギャップが生まれないように対策を

 

入社後に違和感を感じて早期退職をされないように、事前にしっかりと対策をして優秀な人材を確保していきましょう。

 

発信する情報が少ない

求職者は、できる限りたくさんの企業情報を欲しがっています。

業務内容や待遇だけでなく、社内の雰囲気や、働いている人の人柄など、就職した後のことを想像しやすいように、細かいところまで事前に知っておきたいのです。

 

情報量が少なければ、正しい判断がしにくいので、応募者も減ってしまうでしょう。

企業側は、できるだけ多くの情報を発信し、見てもらう必要があります。

 

情報を発信する企業側は、自分が応募するならどのような情報が欲しいのかを想像して、丁寧で細やかな情報発信を心掛けましょう。

 

良い面ばかり伝える

優秀な人材を確保したい気持ちから、どうしても会社の良い面だけを押し出そうとしてしまいます。

 

しかし、良い面だけでなく会社のすべてをさらけだすことで、より深く理解してもらえるため、入社後のギャップを減らせるのです。

会社の現状を細かく伝えるということは、もちろんネガティブな面も伝えなければなりません。たとえば、ほかの会社よりも残業が多くなってしまうことや、休日出勤もありえるなど、職場の現状をしっかり伝えましょう

 

社風や人間関係など、言語化して伝えにくい場合は、実際に社内を見学してもらうというのもひとつの方法です。

経営陣や上層部の意見だけでなく、実際に現場で働いている人のリアルな声を伝えられれば、なお良いでしょう。

 

フォローを行う

いくら入社前に細かく伝えていても、ギャップに感じる部分は人それぞれなので、多少のミスマッチは起こります。

このミスマッチをいかに埋められるかが、早期退職を防ぐポイントになるのです。

 

入社後は、しっかりと新入社員のフォローを行ってください。

たとえば、新人研修を充実させて、業務に対する不安をできるだけ軽減させることや、定期的に面談を実施して不安や不満を聞き出すなどです。

普段の業務をこなしながら、細やかな情報発信やコミュニケーションを取るのは、なかなか大変なことです。そんなときは、採用管理ツールnext≫の導入をご検討ください。

next≫なら、応募者のデータベース機能はもちろん、LINEで応募者とコミュニケーションが取れます。LINEは、メールに比べ開封率が高いので、効率的に情報を届けることが可能です。

採用時だけでなく、内定者のフォローにもそのまま使用できます。

まとめ

 

入社後のギャップをゼロにすることは不可能でも、限りなく低くすることはできます。

早期離職に悩んでいる企業は、しっかりと対策をした上で優秀な人材を確保できるように努めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。