採用コンサルティング会社の選び方|サポート別の料金を解説

アロタメTV

中小企業で採用活動を行っている担当者の方の中には、通常の業務と兼務している方が少なくありません。しかし、人手不足による業務過多が影響し、採用活動に十分な時間をかけられない採用担当者の方も多いのではないでしょうか。

この記事では、中小企業の採用活動において、採用コンサルティングを利用するメリットと、採用コンサルティング会社の選び方を解説していきます。

採用コンサルティングってどんなサービス?

採用コンサルティングを利用するというと、大がかりなイメージがありますが、実は中小企業の採用活動にこそ活用したいサービスなのです。

ここでは、採用コンサルティングを利用することで受けられるサポート内容について紹介します。

採用コンサルティングとは

採用コンサルティングは、企業の人材採用領域をサポートするサービスです。それぞれの企業が抱える採用の課題を分析し、企業の経営方針や業務内容に応じた最適な解決策を提案してくれます。

サポート内容

採用コンサルティングで受けられるサポート内容は、主に以下の3つです。

採用戦略の提案

選考フローや選考スケジュール、ターゲット設定やその評価基準の決定、採用ブランティングなど、採用活動に関わるすべての工程において自社に適した提案を行ってくれます。

採用活動の支援

採用活動に専念できない採用担当者に代わって、母集団形成、説明会やイベント企画、面接官代行、採用代行を行います。

内定者フォロー

内定者に対して、ビジネスマナーや専門知識などの研修を行います。内定者フォローは内定辞退を防ぐ効果があり、採用活動において重要なアクションのひとつです。

内定者フォローが内定辞退を防ぐ!効果的な方法と注意点

採用コンサルティング会社の選び方

採用活動に時間をかけられない採用担当者の代わりに採用活動の全般を担ってくれるものが採用コンサルティングです。しかし、採用コンサルティングを行っている会社ならどこを選んでも同じというわけではありません。

採用コンサルティング会社を間違えると、依頼した費用がムダになるだけでなく、その年の採用活動が失敗してしまう恐れがありますので、慎重に会社選びを行いましょう。

料金

まずは、採用コンサルティングの依頼費用の相場をリサーチします。

一般的には、選考フロー、選考スケジュール、ターゲット設定がそれぞれ30万円ほどかかる場合が多いようです。

そのほかの費用相場は、以下のようになっています。

・評価基準の設定:50万円~
・採用ブランティング:100万円~
・採用代行:20万円~100万円
・面接代行:15,000円~/人

採用コンサルティング会社によっても料金は異なるため、サービスに含まれているサポート内容の項目をしっかり確認しておきましょう。

サポートの質

採用コンサルティング会社を選ぶ際は、料金だけでなくサポートの質も重要です。

その会社の実績や事例をチェックし、成功事例があるかを確認します。また戦略立案において、企業理解がきちんと行われていて、最適な施策がなされているかなどもチェックしておきましょう。

また、得意としているサポート内容はコンサルティング会社それぞれで異なる場合があります。コンサルティング会社が得意とする業界、業務領域をチェックし、自社が求める結果を提供できるかを見極める必要があります。

さらに、採用コンサルティングを利用するメリットは、採用ノウハウを自社で学べることです。実施後の効果検証や分析まで行ってくれるコンサルティング会社を選択すると良いでしょう。

こんな課題があるなら導入を検討しよう

採用コンサルティングは費用がかかるため、導入を悩む企業は少なくありません。しかし、採用活動において以下のような課題を抱えているなら、採用コンサルティングの導入をおすすめします。

自社に採用ノウハウがない

採用の経験が浅かったり、新卒採用を新しく行ったりする場合は、自社に有効な採用ノウハウやデータがあまり蓄積されていません。

採用コンサルティングでは、採用に関するアドバイスや有益な情報を提供してくれるため、採用の知識やノウハウを得られるでしょう。

採用課題の原因が明確化していない

採用活動がうまくいかないとき、必ず原因が存在します。しかし、うまくいかない原因が明確になっていないと、何を改善すべきかわかりませんよね。

採用コンサルティングは、就活生の動向や意向、人材採用に関する最新の情報をもっているため、多角的な視点から自社の採用課題を分析し、アドバイスしてくれるでしょう。

人手不足で業務過多になっている

中小企業では社員がマルチタスクを行っていることが多く、人材採用に充分な時間をかけられない場合がほとんどです。

採用コンサルティングを導入することで、採用の専門家に採用代行をしてもらえるので、採用担当者の負担を軽減できるでしょう。

業務過多を解決したい、しかし採用コンサルティングを導入するほど予算をかけられない…という方には、next≫がおすすめです。

next≫は、LINE機能を使った採用管理ツールです。

就活生の情報や採用活動の進捗を一元管理できるだけでなく、友だち登録してくれた就活生への一斉配信やイベントの予約、アンケート機能なども利用できるため、採用活動を効率良く行えます。

また、就活生のタップ率など効果検証も可能なため、採用活動の振り返りも容易になるでしょう。

初期費用は10万円となっており、月額の利用料も必要なサービスに応じてライトかプレミアムのプランが選べます。

まとめ

中小企業の採用担当者の方は、通常の業務と兼任しているケースが多く、採用活動に時間をかけられない場合が少なくありません。

また、採用活動をはじめて年数が経っていない場合は、有効なデータが少ないため、効果的な採用戦略を立てられない場合があります。

自社の採用ノウハウに自信がないときは、採用コンサルティングを導入するのもひとつの方法です。採用の専門家が自社の抱える課題に対して適切なサポートを行ってくれるでしょう。

もし、採用コンサルティングを導入するほど予算をかけられない場合は、ぜひnext≫をご活用ください。最小限の資金で成果を出すために最大限のサポートをいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。