採用活動にはペルソナ設定が不可欠!本当に必要な人材を採用しよう

近年、採用活動をするにあたって、多くの企業でペルソナの設定をしています。自社が求める人物像を定めておくことで、ターゲットを絞りやすくするためです。

 

しかし、いくらペルソナを設定していても、なかなか欲しい人材が集まらない企業もあります。

ここでは、基本となるペルソナの意味や、採用におけるペルソナ設定のメリットとデメリット、応募者の見極め方について紹介します。

採用活動をする上で重要となる「ペルソナ」とは

 

採用におけるペルソナは、自社が獲得したい人材のイメージから作った架空の人物を指します。

基本的にペルソナ設定はマーケティングで使われている方法ですが、採用のミスマッチを防ぐために取り入れられています。採用活動をはじめる前に、採用担当者が任される作業のひとつです。

ペルソナ設定では「〜の資格保有」など、ざっくりとした設定ではなく、性別や年齢、居住地、学校や前職勤めていた会社、家族構成など細かく設定していきます

求める条件が多くなりすぎたり、理想が高くなりすぎたりすると、自社に合った優秀な人材を見落としてしまうかもしれません。

ペルソナ設定は、業務に必要なスキルを優先しターゲットを絞った上で作るようにしましょう。

採用したい人物を決める方法については、以下の記事もチェックしてみてください。

「【採用ターゲットを設定するには】どの条件を優先させる?」

【採用ターゲットを設定するには】どの条件を優先させる?

ペルソナを設定するメリット・デメリット

 

採用活動において、ペルソナを設定するメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット

ペルソナを設定すると、社内で理想の人材に対する共通認識が持てます採用活動は、さまざまな部署の人間が関わり、最終的に採用する人材を決定していくのがオーソドックスな方法です。

それぞれが採用基準を正しく認識していなければ、誤った合否判断をしてしまうことになります。自社に合った優秀な人材が応募してきたとしても、人によって採用基準が違っていると採用すべき人材を見落とす可能性が高いです。

ペルソナ設定をしていれば、採用する人材が明確にイメージできるので、このようなミスが起こりにくくなります。

また、ペルソナ設定では、家族構成や人格など細かな設定で作成するので、必要な人材にたどり着きやすいメリットもあるでしょう。

さらに、ペルソナ設定から求人に載せる内容を作れば、応募者から見ても会社が求める人物像について具体的なイメージがしやすくなり、採用のミスマッチを防ぐメリットも挙げられます。採用のミスマッチは早期離職を招くおそれがあるため、とても重要です。

コストをかけて採用した社員が早期離職してしまうことは、企業にとって大きな損失となります。的確なペルソナ設定は、このような事態にならないための予防策なのです。

デメリット

ペルソナ設定は、年齢や性別、家族構成など、細かなところまで設定して作るものです。しかし、採用したい人材の要素を詰め込みすぎると、誰もその基準に当てはまらなくなり、採用までたどり着かなくなるデメリットが出てきます。

優秀な人材を採用したいあまり、自社にとって完璧な人物像を描きたい気持ちはわかりますが、完璧な人間は存在しないのが事実です。業務に必要なスキルや実績をある程度絞って、ペルソナ設定をしていきましょう。

また、時間がかかることもデメリットとして挙げられます。ペルソナは、採用担当者一人が考えて作っても良いものはできません。

他部署などとも連携をとり意見を聞きながらペルソナ設定を行うため、ある程度早めに準備していくようにしましょう。

ペルソナを通じて応募者をどう見極める?

 

ペルソナを設定しているにも関わらず、応募者を見極められず、結局ほしい人材を獲得できなかったという企業もいます。ここからは、自社に合った人材を応募者の中から見極める方法を解説します。

見極めるにはコミュニケーションが必須

応募者が、本当に自社の設定したペルソナに沿っているかどうかを見極めるには、コミュニケーションを取るしか方法はありません

なるべくたくさん会話できる機会をつくって少しずつ応募者の人となりを知っていき、自社に合う人物かどうか判断していきましょう。

コミュニケーションツールの活用がおすすめ

応募者と綿密にコミュニケーションを取るのは重要ですが、実行するには課題もあります。

まずは、企業側の問題です。採用担当者のなかには、採用業務だけではなく、他業務と掛け持ちをしながら採用活動をおこなっているという人も多いです。簡単にコミュニケーションを取れるツールでなければ、業務に支障をきたしてしまいます。

そして応募者側も、使いやすいツールでなければコミュニケーションが苦痛となってしまい、離脱してしまうでしょう。

そこでおすすめしたいのが、next≫です。next≫なら、多くの方が使い慣れているLINEを使って気軽にコミュニケーションが取れます

さらに、情報のデータベースとしての機能も持ち合わせているので、応募者の管理も簡単です。採用活動をスムーズに、そしてコストをかけず行いたいなら、next≫を検討してみてください。

まとめ

 

会社にマッチした人材を採用するにはペルソナ設定は重要ですが、採用活動により役立てるためには、応募者とのコミュニケーションが大切です。

コミュニケーションが取りやすいツールを使いながら、自社に合った人材の確保をスムーズで確実なものにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。