中途採用募集にも最適な時期がある!採用活動のノウハウ

 

中途採用は新卒採用と異なり、時期を問わず行われます。しかし、中途採用で優秀な人材を迎え入れるには、適した時期を見極めたうえで採用活動を行うことが大切です。

今回は、中途採用に適した時期や、おすすめの採用戦略などを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

中途採用の募集に適した時期とは?

 

中途採用を行う際にまず知っておきたいのは、採用活動には繁忙期と閑散期がある点です。転職市場では、募集の人数や採用戦略に合わせて時期を決め、採用活動を行う必要があります。

繁忙期と閑散期は、それぞれ次の時期が該当し、毎年ほぼ同じサイクルだといわれています。

繁忙期(1~4月、6~7月、9~11月)

繁忙期は、企業の採用活動と求職者の転職活動が、両方とも活発になる時期を指します。

1月から4月は、年末ごろに冬のボーナスが支給された後の時期であり、年度替わりから新しい職場で働きたいと考える人が増える傾向があります。年度替わりは生活や仕事の環境を変えやすいことや、3月に決算を行う企業が多いことからも、年が明けてから転職活動を始めるきっかけとなっているのです。

6月から7月は、夏のボーナスが支給されたあとに転職活動を始める求職者が増えます。特に6月は、ボーナスをもらってすぐ転職したい人が活動する時期です。

9月から11月は、9月に上半期が終わる企業が多いことから、区切り良く次の会社へ転職したい求職者が活動する傾向がみられます。

閑散期(5月、8月、12月)

上記の繁忙期以外の時期は、閑散期と呼ばれています。企業と求職者の双方が、積極的に転職活動を行わない時期です。

特に12月は、年末で業務量が増えて、企業が採用活動を行う余裕がないことが多いため、最も落ち込む時期とされています。

繁忙期の採用戦略(1~4月、6~7月、9~11月)

 

次に、繁忙期と閑散期それぞれにおける採用戦略を考えていきましょう。

繁忙期の特徴

まず、採用活動が活発となる繁忙期について、具体的な特徴や採用ポイントなどを紹介します。

繁忙期に中途採用を行うメリット

繁忙期に中途採用を行う大きなメリットは、求職者が多く応募が集まりやすい点です。母集団形成もしやすく、大勢の人数を採用できる可能性も高まります。

また、年末や年度末に近い時期であることから入社調整がしやすく、入社手続きも比較的スムーズに進められます。

繁忙期に中途採用を行うデメリット

繁忙期は、他社の採用活動も活発になるため求人件数が多くなります。このため、他社の求人広告に埋もれやすいことがデメリットです。

また、件数が多い分競合も多くなりますので、競争率が上がります。面接や内定を辞退するリスクが高まることも念頭に置く必要があるでしょう。

繁忙期に中途採用を行う際のポイント

繁忙期に中途採用を行うには、他社との差別化をはかり自社のアピールに努めましょう。求人広告の回数を増やしたり上位に掲載されるようにしたりするなど、目立つ求人情報の訴求が大切です。

応募者が集まるのを待つだけでなく、応募者にはたらきかける姿勢も求められます。求める人材に直接アプローチできるスカウトメールなどのツールを活用するのも良いでしょう。

応募者への対応は、スムーズに行うことで良い印象を与えられます。採用試験の日程連絡や選考結果の知らせなどは、スピード感をもって対応しましょう。

閑散期の採用戦略(5月、8月、12月)

 

続いて、閑散期にどのような戦略をとると、採用活動に好影響を与えるのか、見ていきましょう。

閑散期の特徴

閑散期に採用活動を行うと、次のようなメリット・デメリットがあげられます。

閑散期に中途採用を行うメリット

閑散期は採用活動を行う他社が少ないため、求人広告の数も減少します。そのため、求職者に求人広告が目に留まりやすくなるメリットがあります。

応募者ひとりひとりに細やかな対応ができるのも閑散期ならではの特徴で、内定を辞退されるリスクが低いといえる時期です。

閑散期に中途採用を行うデメリット

応募者が少ない閑散期は、母集団形成がしにくいデメリットがあります。

また、5月は大型連休・8月は夏季休暇・12月は年末年始と長期休暇を挟むことから、スケジュールの調整がしづらくなるのも考慮が必要です。

閑散期に中途採用を行う際のポイント

閑散期は、自社の魅力を求職者にアピールするチャンスです。会社説明会や面接などを行うまでにミッションやビジョンなどを言葉で表せるように準備し、当日応募者に伝えられるようにしておきましょう。

応募者に対して、スピード感を持った親身なコミュニケーションを目指すのならば、LINEを活用した採用管理ツールnext≫をおすすめします。next≫は、多くの応募者が使い慣れているLINEを用いており、メールよりもスピード感を持って採用活動が進められます。応募者の情報をデータベースとして管理でき、母集団形成がしやすいなどの管理機能も充実しています。

採用業務の負担を軽減しつつ、効率的に業務を行いたい場合は、ぜひnext≫をご検討ください。

まとめ

 

中途採用を行うには、時期ごとの対応内容を見極めながら求める人材を考慮し、募集するのが重要です。採用方法を熟考し、中途採用を成功させられるように取り組みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。