「中途採用」と「第二新卒」はどう違うのか?企業が知っておくべき点

 

現場で活躍する人材を求めているなら、中途採用者に注目するのも選択肢のひとつです。とはいえ、中途採用のなかには第二新卒者もいるため、それぞれの特徴にあわせたアプローチが必要です。

今回は中途採用と第二新卒の違いを解説しながら、企業が採用するメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

「中途採用」と「第二新卒」の違い

 

最初に、中途採用と第二新卒の違いから解説します。

中小企業が人材採用に求めるのは、できるだけ早く現場で活躍してくれる人物でしょう。優秀な人材確保と人手不足の解消を目指すなら、新卒者だけでなく、中途採用者や第二新卒者にも目を向けてみてください。

それぞれの定義・概要

「中途採用」と「第二新卒」の定義や概要を紹介します。広義には同じでも、特徴はそれぞれ異なるので、採用時や入社後のフォローには異なるアプローチが必要です。

中途採用とは

「中途採用」とは、大学や高校を卒業して就職する、新卒以外のすべての求職者が該当します。中途採用者の年齢層は幅広く、第二新卒も広義には中途採用に含まれます。

人事においては、企業が就業経験のある人材を対象に採用活動をすることが、「中途採用」と呼ばれています。

第二新卒とは

「第二新卒」に明確な定義があるわけではないものの、一般的には、新卒で就職して1~3年以内に転職活動を行う求職者を指します。

第二新卒者は中途採用者のなかでも年齢層が若く、社会人としての経験が少ない人材を指すこともあります。

近年では中途採用が増えている

学生有利な採用市場への移行や就労者の意識変化が影響して、近年は中途採用を求める企業が増えている傾向があります。

それにともない中途採用の転職市場も活性化しているので、人手不足の解消には、中途採用や第二新卒の採用も選択肢に入れると良いでしょう。

ただし、中途採用の人材は一度離職経験があることで、内定辞退や早期退職につながりやすい一面があります。採用時に丁寧な選考をすることで中途採用者とのミスマッチを防ぎ、継続した内定者フォローで人材確保に務めましょう。

LINEを活用した採用管理ツールnext≫なら、応募者や内定者と親密なコミュニケーションをとりやすいので、中途採用や第二新卒の採用活動に役立ちます。

効果的なダイレクトリクルーティングや内定者フォローを行えるので、ぜひ活用してください。

【中途採用の場合】企業側にとってのメリット・デメリット

 

中途採用は経験者や専門職の募集から、急を要する欠員の補充、事業拡大にともなう人材募集にもおすすめです。

企業が中途採用を選ぶメリット・デメリットを紹介します。

中途採用のメリット

中途採用を行うメリットは以下のとおりです。

即戦力として期待できる

中途採用者は、ある程度の社会人経験があるのが魅力です。社会人経験、業務経験とも豊富なので、即戦力になることが期待できます。特に前職経験がいかせる同業種では、ピンポイントに人員補充ができるでしょう。

人材育成の手間とコストを抑えられる

中途採用の人材は社会人としての基礎ができているため、新人育成の手間やコストが削減できます。求める経験やスキルを条件に出して募集をすると採用活動がスムーズに進み、人事の負担も減らせるでしょう。

中途採用のデメリット

中途採用はメリットが大きい反面で、デメリットがあることにも注意が必要です。

即戦力ほど離職しやすい

中途採用者は即戦力が魅力でも、実力がある人ほど離職しやすい傾向があります。優秀なぶん次の転職にも有利なので、働き方や待遇面でほかの企業よりも優れていることが求められます。

職場になじみにくい場合がある

経験豊富な中途採用者の中には、自身の仕事の進め方に固執してしまい、職場環境になじめない場合があります。職場で孤立しやすいため、担当部署への根回しや継続したフォローが必要です。

【第二新卒の場合】企業側にとってのメリット・デメリット

 

引き続き、企業にとっての第二新卒のメリット・デメリットを紹介します。

第二新卒者には、場合によっては新卒採用に近い教育が必要になることもあります。

第二新卒のメリット

第二新卒を採用するメリットは以下のとおりです。

基本的なビジネスマナーなどが備わっている

第二新卒者は新卒と同じような立場に思われがちですが、新卒者とは異なり、ある程度社会人経験があります基本的なビジネスマナーが備わっているため、新人教育を短縮することが可能です。短いながらも社会人経験があるぶんスキルの習得も早く、人事の負担が軽減できます。

将来的なコア人材となる可能性を秘めている

第二新卒者は前職の企業カラーに染まっておらず、新卒同様に、将来的なコア人材となる可能性を秘めています。若いぶん柔軟性があり、適応力も高いので、企業や職場へもスムーズに馴染めるでしょう。

<h3>第二新卒のデメリット

第二新卒を採用するデメリットは以下のとおりです。

育成に手間と時間がかかる

第二新卒は中途採用者のなかでも社会人経験が少ないので、丁寧な選考と採用後のフォローが欠かせません。

育成には時間と手間がかかる可能性があります。一般的な中途採用と同様に、すぐに現場に投入できると考えて採用すると、ミスマッチが起こりがちです。

早期離職の可能性がある

第二新卒は、より自分の能力を活かせる職場を求めて、再び早期離職に向かう可能性が高いです。前の職場と比較して意欲を失いやすい一面もあるため、採用時の面接をとおして、しっかり人物評価をすることが求められます。

まとめ

 

中小企業が人材不足の解消を目指すなら、中途採用者や第二新卒者にも注目しましょう。新卒以外にも目を向けることで、安定した人材確保が実現します。

採用活動に役立つ採用管理ツールnext≫も活用して、企業にぴったりの、優秀な人材を探してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。