ダイレクトリクルーティングで中途採用を成功させよう!おすすめのサービスも紹介

企業が優秀な人材を確保するためには、ダイレクトリクルーティングを導入するのも選択肢のひとつです。中途採用においても良い成果に繋がるため、前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

今回はダイレクトリクルーティングについて解説しながら、中途採用で活用する際のメリット・デメリットをご紹介していきます。

<h2>中途採用におけるダイレクトリクルーティングとは</h2>

「ダイレクトリクルーティング」とは、企業側から求める人材にアプローチをかける採用方法のことを指します。

従来型の採用方式では、企業が求人広告を出し、応募してきた学生や求職者を審査して条件にあう人材を探す、いわゆる「待ち」の姿勢が一般的でした。これに対して、企業側が「攻め」の姿勢に変化した採用活動が、ダイレクトリクルーティングです。

日本では少子高齢化による人手不足から売り手市場が続き、従来までの採用方式では、なかなか良い成果を出しにくい傾向にあります。これを大きく変えるのが、ダイレクトリクルーティングです。

時代の変化にあわせてSNSなどの便利なツールも積極的に活用し、確実な人材確保を目指すため、中途採用においてダイレクトリクルーティング導入する企業が増えています。

 

ダイレクトリクルーティングの進め方

ダイレクトリクルーティングは、サービスを提供する事業者に登録して進めていくのが一般的です。自らプラットフォームを作る手間が省けるため、企業の人事担当に過剰な負担をかけることはありません。

登録後はサイト内で企業が求める人材を探し、スカウトを送ってアプローチをかけていくことでスピーディーに内定を出すことができます。

ただしダイレクトリクルーティングを提供しているサービスを利用する場合は、料金が発生します。料金形態はサービスごとに異なり、また提供するサービスもそれぞれ違うため、内容を確認して、自社の採用活動が効率化できそうなものを選んでください。

企業の人事担当者が知っておきたい採用活動の流れについては、以下の記事で詳しく紹介しています。ぜひこちらもご確認ください。

採用活動はどうやって進める?業務フローと課題について | next≫blog-LINEを利用して学生に寄り添った採用を (line-next.com)

中途採用でダイレクトリクルーティングを導入するメリット・デメリット

ダイレクトリクルーティングの進め方について紹介しました。では、ダイレクトリクルーティングを中途採用で導入すると、どのような効果があるのでしょうか。

ここからはメリット・デメリットについてそれぞれ解説します。両者を理解し、比較したうえで導入を検討しましょう。

ダイレクトリクルーティングのメリット

ダイレクトリクルーティングでは、転職潜在層に早い段階からアプローチをかけることが可能です。これまでは出会う機会のなかった層からも幅広く人材を探すことができ、積極的に接点をもつことができます。

また、企業が求める人材に直接アプローチしてコミュニケーションを密に行えるため、採用のミスマッチを減らすことにも役立ちます。お互いへの理解が深まることで、内定辞退や早期退職も防ぐことができるでしょう。

またダイレクトリクルーティングの場合は成功報酬が人材紹介会社よりも低めに設定されているため、採用コストの削減にも効果的です。サービスを利用することで企業にも採用ノウハウが蓄積されるため、長い目で見ると自社の採用力を高めることにも繋がります。

ダイレクトリクルーティングのデメリット

残念ながら、ダイレクトリクルーティングは成果が出るまでに時間がかかる傾向があります。幅広い層から人材を選び、関係を築くのにはある程度の時間がかかるため、長期的な視点で採用活動に取り組むことをおすすめします。

また、従来型の採用方式とは異なるため、企業に採用ノウハウが必要になるのも困りものです。スカウトメールなどの効果的なアプローチ方法を模索するのに手間がかかることも、成果が出るまでに時間がかかる一因でしょう。

さらに、従来型の採用方式よりも人事担当者の負担が増えるのも、ダイレクトリクルーティングのデメリットのひとつです。

候補者の選定は工数の多い作業で、スカウトメールの作成、メールなどを使ったコミュニケーション、面接日程の調整と業務が多岐にわたります。効率良く採用を目指すサービスを選びましょう。

ダイレクトリクルーティングを提供する「next≫」は応募者の情報をデータベース化できるため、採用活動の効率化を図ることが可能です。

next≫は、LINEを活用した採用管理ツールです。幅広い応募者の中から求める人材と出会うことができ、親密なコミュニケーションを取ることで、確実な採用へと導きます。

応募者の管理からエントリーシートの受付、内定後フォローのサポートまで、人事担当者の負担を減らす多彩な機能を備えているのも魅力でしょう。サービス内容は費用にあわせて選ぶことができ、自社の採用フローに応じたカスタマイズができるので、採用活動のコストを抑えたいときにもおすすめです。

next≫では、料金がわかりやすいコンサルティングプランも用意しています。人事担当の負担を減らして、効率良く優秀な人材を確保できるサービスをお探しなら、どうぞお気軽にご相談ください。

まとめ

ダイレクトリクルーティングにはメリットとデメリットがあるものの、利用するサービスを選べば、リスクは減らせます。

ダイレクトリクルーティングは時代の変化を反映した採用手法で、今後スタンダードになることが予想されています。中途採用においてもメリットは高いので、採用管理ツールを取り入れつつ、ダイレクトリクルーティングの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。