企業が送るスカウトメールにはコツがある!返信率を上げる方法

ダイレクトリクルーティングでスカウトメールを送っても、返事が返ってこないのでは良い結果は得られません。求職者からの返信率を向上させて、採用へと繋げましょう。

今回はダイレクトリクルーティングのなかでも重要なスカウトメールについて解説しながら、返信率を上げるポイントをご紹介していきます。

ダイレクトリクルーティングにおいて重要なスカウトメール

ダイレクトリクルーティングとは、企業がターゲット層に直接アプローチする新しい採用手法です。求人広告を出して応募を待つ、従来型の採用方法とは一線を画し、ダイレクトリクルーティングでは企業が積極的に攻めることで、優秀な人材を確保しやすいのが特徴です。

また、ダイレクトリクルーディングにおける「スカウトメール」とは、企業から学生や求職者に送る、自社への応募を促すメールのことを指します。

ダイレクトリクルーティングの普及によってスカウトメールの注目度も高まっているので、ぜひ返信率の向上を目指してください。

特に中小企業の場合は、スカウトメールは知名度の低さをカバーする、大きな強みになります。大手や競合企業よりも先手を打って人材を集めるのに役立つので、ダイレクトリクルーティングを活用する場合は、スカウトメールの作り方や送り方に重点を置きましょう。

なお、新卒採用のダイレクトリクルーティングの活用方法については、以下の記事で詳しくご紹介しています。こちらもぜひチェックしてください。

ダイレクトリクルーティングで新卒採用を有利に!採用のポイントを紹介 | next≫blog-LINEを利用して学生に寄り添った採用を (line-next.com)

返信率の低いスカウトメールには特徴がある

スカウトメールを送っても返信率が低い場合は、メールの内容を見直す必要があります。

自社アピールが自慢話になっているようなメールは、返信率が低下しがちです。自社の魅力や強みをアピールすることは大事ですが、やり過ぎると良いイメージが伝わらないので気をつけましょう。

また宛名を変えればいいだけの定型文は、「誰にでも送っている」という悪い印象を与えるため、返信率が低下します。

スカウトメールの返信率を上げる4つのコツ

それでは、スカウトメールの返信率を挙げるコツを4つ紹介していきます。

ちょっとした工夫で求職者の心をつかむメールが作れるので、ぜひ試してみてください。

1. 件名や内容は分かりやすく簡潔にする

返信率向上のためには、件名や内容を簡潔に、必要な部分だけを入れてわかりやすく作ることが大切です。長々と書くと求職者が飽きてしまい、募集を促す重要な文面に到達する前に離脱してしまうので、内容をスリム化しましょう。

件名は、いわゆるキャッチフレーズのようなものです。わかりやすく、読んでみたいと思わせるキャッチーな件名にして、メールの開封率を向上させましょう。

2. その求職者が特別であることを伝える

スカウトメールは求職者に特別感を演出することで、返信率が向上します。求職者へのラブコールなので、定型文ではなく、送る相手の情報を盛り込むと良いでしょう。

読み手の感情に訴えかける表現を取り入れると、返信率アップに効果的です。

3. 応募に関する不安を払拭させる

メールのなかで応募に関する不安を払拭させる内容を盛り込むのも、返信率アップに有効です。特に未経験者をターゲットにする場合は、求職者が抱えがちな面接や採用後の不安を解消することに努めましょう。

内定後のフォロー体制や研修制度が充実していることなどを記載すると、求職者の興味を引きつけられます。

4. 求職者に起こしてほしい行動は具体的に記載する

曖昧な表現ではなく、求職者に起こしてほしい行動を具体的に記載することも大切です。多くの企業からスカウトメールをもらっている求職者は懐疑的で、すぐに動くとは限りません。

面談の日時や返信の期限などを具体的に提示して、応募へのアクションを促しましょう。

スカウトメールのツールを変える

文面を工夫しても返信率が向上しない場合は、スカウトメールのツールを変えるのも選択肢のひとつです。メールは開封されないこともあるため、学生や求職者が返信しやすいツールを選びましょう。

LINEは年齢を問わず利用者が多く、身近で使われているアプリなので、スカウトメールも目を通しやすいといえるでしょう。

ダイレクトリクルーティングを提供する「next≫」は、企業と求職者を結ぶツールにLINEを活用していて、返信率の向上に役立ちます。

一般的なメールに比べてメッセージの開封率が高く、密なコミュニケーションがとりやすいため、受付から面談、内定までの離脱を防ぐことができます。

また求職者のデータベースとしての機能も備えており、一連の採用業務における管理機能も充実していて、人事担当者の業務効率化を目指すことも可能です。

LINEを活用した採用管理ツールnext≫は、スカウトメールの返信率向上を目指す企業のダイレクトリクルーティングツールに最適です。効率良くスカウトメールを送り、優秀な人材を確保したいとお考えなら、どうぞお気軽にご相談ください。

まとめ

ダイレクトリクルーティングでは企業が直接自社の魅力をアピールすることで、求職者のミスマッチを減らす効果も期待できます。内定辞退や早期退職も防ぐことができるため、スカウトメールは重要です。

スカウトメールの返信率を上げるにはいくつかコツがありますが、それでも改善しないこともあるかもしれません。必要に応じてスカウトメールのツールを変えることも検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。