大量採用を行う2つのメリット|成功させるためのコツを解説

会社が成長するにつれて規模が大きくなり、大量採用を考えている企業もあるでしょう。大量採用を実施するには、従来の手法とは異なるいくつかのポイントを押さえておく必要があります。

そこで今回は、これからの業績を担う社員を大量に採用する際のメリットや成功法、注意点などについて詳しく解説をしていきます。

大量採用のメリット2つ

採用担当者は、現在のフェーズや状況に応じて採用方針を決める必要があります。「より自社に合った人材を獲得するため、ダイレクトリクルーティングを行う」「即戦力を得るため、中途採用を強化する」など、その戦略はさまざまです。

今回の記事では、採用戦略のなかでも大量採用を行うことで生まれるメリットについて解説していきます。

多様な人材を確保できる

大量採用の利点は、多くの人材を獲得し人材不足を解消することだけではありません。

あらゆるタイプの人材と出会うことができるメリットがあります。

採用人数が多ければ多いほど、今まで会社にいなかったタイプや、現在のフェーズに必要な人材と巡り合える可能性が高くなります。従来の採用ペルソナに固執せず多様な人材を迎え入れることで、社内に今までなかった新しい風や、予想外のポジティブな化学反応が起こることも期待できるでしょう。

1人あたりの採用コストが安く済む

大量採用であれば、採用活動を局所化できるため、全体的なコストダウンにつなげることができます。1度で多くを採用するので、回数を重ねる必要がなくなるからです。

また、媒体によっては採用人数によりコストを下げられることがあります。例えば求人広告を出稿するとしても、採用人数が多ければ多いほど一人あたりの採用単価は下がります。また、エージェントを利用する際にも、紹介会社によっては大量採用をすることで手数料の割引などが発生するキャンペーンを行っているケースもあります。

また、入社後の研修や教育などにかかる金銭的なコストはもちろん、実施に必要な時間も同時に削減できます。入社後のフローを考えても、大量採用にはコスト面でのメリットが大きいといえるでしょう。

大量採用は内定辞退に注意!

メリットの多い大量採用ですが、求職者からは「使い捨て」「危険」「多くの人が落ちる」などといったネガティブなイメージが多いことも事実です。また、場合によってはフローが上手く進まず、大量採用したものの、直後に大量離職が発生するなんてことも考えられます。

そのため、大量採用を考えているのであればいくつかの注意点は事前に把握しておくべきでしょう。

最初に上げられるのが、応募者管理で時間を取られてしまうことです。採用には書類審査や面接のスケジューリングなど多くの業務が発生しますが、それらの業務は単純に応募者の数に比例し多くなります。

さらに応募者管理などの業務に追われるあまり、応募者や内定者ひとりひとりと向き合う時間が減ってしまい、十分なコミュニケーションの機会を作ることも難しくなるでしょう。

結果的に、せっかく内定を出してもフォローが行き届かず内定辞退につながったり、せっかく興味を持ってくれた応募者へ適切なアプローチや情報伝達ができず、歩留まりが発生したりすることも考えられます。

また、最悪の場合には人事の業務量が急増して仕事が回らなくなることもあります。採用活動の運用自体が崩壊することにも繋がりかねないので、事前に戦略設計を立て、役割分担を明確にしておくことが重要です。

大量採用を成功させるコツ

大量採用を上手に運用し、経営戦略へ役立てるコツは、以下の2点です。

①大量採用の有効性を考える

②webの求人サイトを活用する

まずは、自社にとって大量採用を行うことが有効な手段であるかどうかを考えます。

現在のフェーズに応じた採用戦略や経営課題を解決する手段はさまざまです。中でも人材不足が課題と感じている企業は多いと思いますが、その本質が人数の確保とも限りません。

10人採用するくらいなら、優秀な人材を2人雇って10人分の利益を上げてもらう方が良い組織もあります。前項で紹介した注意点などを考慮しながら、大量採用により自社が得られる利点について再度見極めるようにしましょう。

 また、大量採用を導入する際にはWeb媒体を利用するのがおすすめです。現代では1日を通してインターネットに触れない人がほとんどいないといっても過言ではないくらい、多くの人がインターネットから情報を得ています。学生であれば、尚更その傾向が強いです。

紙媒体やハローワークももちろん有効な手段ですが、一度に多くの人へリーチすることが必要な大量採用ではWeb媒体の求人サイトは必須といえます。

 また、前項でも触れましたが大量採用は求職者にとって、「使い捨て」や「駒扱い」などマイナスなイメージも与えかねません。ネガティブな印象を持たせないように考慮した情報発信を意識し、内定後や入社後などのフォローも十分に行いましょう。

 とはいえ、採用担当者は業務過多に陥りやすいため、一度に多くの人材をフォローするのは時間と労力がかかり、難しい面もあるでしょう。

大量採用における応募者管理には、採用管理ツールnext≫の導入が役立ちます。

next≫は、応募者の行動や興味を分析し、適切なお礼メッセージや面接日程のリマインドなどを自動で行ってくれます。ナーチャリングができるため、ミスマッチや内定辞退を防ぐことも可能です。

1:1でのトークもしやすく、内定者フォローにおける業務負担を軽減することにも役立つでしょう。大量採用を実施しつつ、効率的に採用活動を遂行したい採用担当者におすすめのツールです。

まとめ

社内の組織づくりにおいて、人数を増やすことが目的であれば、大量採用を行うことは非常に有効な手段です。

大量採用ではコストの削減や、多くのタイプと出会えるなどのメリットがある一方、管理や運用が難しいなどの注意点もあります。

組織拡大のために人材を補強したい企業の人事は、この記事を参考に成功する大量採用のポイントを把握しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。