採用難を打破!オウンドメディアリクルーティングを使いこなそう

採用活動において、人材のミスマッチや費用対効果などの課題を抱えているようであれば、オウンドメディアリクルーティングを検討するのがおすすめです。

今回は、これからオウンドメディアリクルーティングを始めようと考えている採用担当者向けに、メリットや注意点について解説します。

オウンドメディアリクルーティングは採用に効果的!

近年、採用サイトだけに頼らず、オウンドメディアリクルーティングを行う企業が多くあります。

オウンドメディアリクルーティングとは、どのような手法なのでしょうか。まずはその定義について確認します。

オウンドメディアリクルーティングとは

オウンドメディアリクルーティングとは、その名の通りオウンドメディア(自社メディア)を活用した採用活動です自社の採用ページ、人事ブログ、各種SNSなども含まれ、求人媒体に頼らずに求職者にアプローチをする手法を指します

オウンドメディアリクルーティングでは基本的に自分たちが発信したいことを自由に発信できるため、求職者により多くの情報を伝えることができます。

その結果、今まで出会うことができなかった候補者からの問い合わせがくる可能性も高くなります。

求人サイトとの違い

求人サイトとオウンドメディアリクルーティングの大きな違いは、表現の自由さです。

求人サイトに掲載する場合、そのサイトにより写真の枚数や文字数、フォーマットが決まっていまっていることがほとんどです。1から作るよりも簡単に作成できる一方、発信したい情報に限りが出てしまいます。

オウンドメディアを構築する場合は、好きな情報を好きなだけメディアに掲載することが出来るため、表現の自由さが非常に高くなります。自社の魅力や求める人材、社風やビジョンなど伝えたい情報を余すことなく発信することが可能です。

オウンドメディアリクルーティングのメリット

オウンドメディアリクルーティングは、以下の2つのメリットがあります。

1.入社後のミスマッチを減らせる

多くの情報を発信できるため、入社後のミスマッチを減らすことができます。

しっかりと自社の情報を把握した上で応募をする人が増えることから、入社後に「イメージと違った」などのギャップが生まれる可能性を大きく抑えられます。

2.企業の個性を生かした発信ができる

文字数や画像など形式に関係なく自由に発信が出来るからこそ、企業ごとの特徴や個性を十分にアピールし、他社との差別化を図ることが可能です。

オウンドメディアリクルーティングの注意点

採用活動において有効な手法であるオウンドメディアですが、運用時はいくつかの注意点があります。

1.長期間の運用が必須

オウンドメディアを成長させることは一朝一夕ではできません

アクセス数を増やし認知向上をはかるには最低でも3ヶ月、長いと数年ほどの期間が必要になります。その間に求職者から注目を集められるコンテンツを発信し続けることが重要です。

2.運用コストがかかる

自社でサイトやSNSアカウントを開設して運用できれば問題ないのですが、外部に委託する際などはコストが発生します。

たとえば採用ページを作ろうとする場合、数十万円ほどかかるのが一般的です。メディアのボリュームによっては求人サイトよりも高くつくこともあるので注意が必要です。

さらに長期的に運用するとなると、メディアの管理にも時間とコストがかかります。

next≫では、そんなオウンドメディアリクルーティングの悩みを解決しながら、自社の魅力を十分にアピールすることができます。メッセージの開封率が高く、1:1のトークに特化したLINEだからこそ、まだ認知層にとどまる応募者にも発信することが可能です。

また、応募者の行動分析によるナーチャリングを行い、適切なアプローチやリマインド配信などを自動で行ってくれます。「これからオウンドメディアを運用したいけど、コストが負担になる・・・」「自社の魅力を応募者一人ひとりに伝えたいけど、方法が分からない・・・」と悩んでいる採用担当者の方は、ぜひnext≫も検討してみてください。

オウンドメディアリクルーティングが必要とされる理由

一昔前であれば求人サイトが採用活動の主流でしたが、現在ではオウンドメディアリクルーティングを始めとした、さまざまな採用手法が企業に導入されています。

最後に、オウンドメディアリクルーティングが必要とされている理由について解説します。

人材獲得競争が激化している

人材採用の難易度は年々上がり続けています少子高齢化で若年層が減少している近年においては、従来のようにただ求人広告に掲載するだけで優秀な人材を採用することは難しいでしょう

少子高齢化にともない、今後も人材採用はより難化する可能性が高いです。なるべく早いうちにオウンドメディアを運用し、将来に向けてメディアを成長させておくことは採用活動をする上で非常に有利な一手となります。

情報が手に入りやすくなった

インターネットが発達した現代では、求職者の動き方も変わってきています。多くの求職者は、入社したい企業のコーポレートサイトを一度は確認し、場合によっては口コミなども調べ、多くの情報をネットから収集します。

求職者が情報を得やすい時代だからこそ、逆に企業側も求職者へ情報を発信しやすい面があります。オウンドメディアリクルーティングは、そのような時代背景に合った採用手法ともいえるのです。

まとめ

今回は、オウンドメディアリクルーティングについて解説しました。採用活動が困難になる近年においては、自社の魅力を効果的にアピールできる手法として、多くの企業がオウンドメディアリクルーティングを導入しています。

外注する際にはコストがかかることに注意しましょう。低コストで安定的な人材採用を実現するにはnext≫が検討できます。応募者一人ひとりに自社の魅力を十分に伝えることが、今後の採用活動において重要なポイントとなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。