ダイレクトリクルーティングを成功させるコツを詳しく解説

少子高齢化による人口減少などを背景に、企業では優秀な人材を確保するための採用競争が活発化しています。

ダイレクトリクルーティングを導入するのも差別化を図る手段のひとつで、企業にとっても利点が多い採用方法です。

この記事では、ダイレクトリクルーティングとはどのようなものなのか、メリットやダイレクトリクルーティングに役立つツールについて紹介します。

ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングとは、求職者からの応募を待つのではなく、企業側からダイレクトに求職者へアプローチを行う採用活動のことをいいます。

待ちの姿勢ではなく「攻めの採用活動」とも呼ばれるもので、自社が求めている人材に直接アプローチを行うのも特徴です。

待ち続けているだけの採用方法よりも、確実に自社に必要な人材を確保できる手段として注目されています。

ダイレクトリクルーティングのメリット

ダイレクトリクルーティングには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

採用方法のひとつとして自社に取り入れる際には、利点をうまく活かした活用方法を検討する必要があります。

ここからは、ダイレクトリクルーティングにおけるメリットや、導入の効果について見ていきましょう。

コストの削減になる

ダイレクトリクルーティングによる採用であれば、採用コストの削減につながるメリットがあります。

自らスカウトするので、求人サイトなどの掲載料・仲介料も必要ないためです。

求人広告や求人サイトへの掲載を増やすよりも、ダイレクトリクルーティングを採用手段に加える方が採用コストを削減することができます。

潜在層もターゲットにできる

ダイレクトリクルーティングは、まだ就職・転職活動をしていない「潜在層」をターゲットにできるのも利点のひとつです。

他社よりも早くアプローチできるため、企業へ興味を持ってもらうきっかけを作ることができます。

就職活動を現時点で行っていない人にもアプローチできるため、採用の間口を広げられるのも特徴です。

今すぐ就職・転職する意思がない人でも、活動を始めた際に応募する候補先に選んでもらえる可能性があります。

求める人材にアプローチが可能

ダイレクトリクルーティングであれば、求めている人材にピンポイントでアプローチすることが可能です。

数多くの応募者の中から自社に合う人材を選出するよりも、スピーディーに探すことができるメリットがあります。

直接コンタクトを取ることができるため、採用を検討していなかった人材にも直接誘いをかけることができ、採用機会を広げることができます。

採用後のミスマッチを防止できる

ダイレクトリクルーティングでは、求職者ひとりに時間をかけることができるので、採用後のミスマッチを防止できる利点もあります。

応募をためらっている場合も自社について丁寧に説明することで、求職者の不安や疑問も解消できるためです。

相手について知るために資質を見極める従来の選考方法よりも、コミュニケーションをしっかりと取ることができます。

求職者側の疑問や不安の解消を行いながら、コミュニケーションを通して相手のことを深く知ることで自社に合う人材かを見極めることも可能です。

ダイレクトリクルーティングを始める前に

ダイレクトリクルーティングを成功させるには、始める前の準備が重要です。

ここでは、ダイレクトリクルーティングを始める前に押さえておきたいポイントを紹介します。

採用したい人物像を明確化する

まずは採用したい人物像を明確にしましょう。スカウトするターゲット層を特定するため、自社がどのような人材を求めているのかを具体的にまとめる必要があります。

採用したい人物像を明確化する際はペルソナ設定も効果的です。採用したい人柄やスキルなどを詳細に設定することは、採用担当者の間での共通認識を一致させることにもつながります。

長期的なスパンで採用計画を立てる

ダイレクトリクルーティングで採用活動を行う際は、長期的なスパンで採用計画を立てることが重要です。ダイレクトリクルーティングは効果が出るまでに時間がかかる手法であり、求職者一人ひとりに割く時間が長くなります。

結果が出るまでの時間は採用ノウハウの蓄積に必要な時間であるととらえて、長期的な視点で採用活動を実施していきましょう。

また求職者と長期的なやり取りが必要になることから、専任の担当者を配置しておくとスムーズです。

情報の一元管理を徹底する

複数の社員が採用活動に関わっている場合は、情報の一元管理を徹底させましょう。社員ごとにもっている情報が古かったり新しかったりすると、二重対応などのトラブルが発生しやすいからです。

求職者の情報や進捗管理、日程の調整などを一元管理できる仕組みを整えておくと、スムーズにダイレクトリクルーティングを進めていけるでしょう。

ダイレクトリクルーティングを成功させるポイント

ダイレクトリクルーティングでの採用活動は、アプローチをかけるだけでは意味がありません。成功させる大事なポイントは、以下の3つです。

1.スピード
2.継続
3.魅力

1つ目のスピードは、メール対応の早さです。求職者からの問い合わせには迅速に対応しましょう。すぐに返答できない内容であれば、いつまでに返答できるか期日を伝えておきましょう。きめ細やかな対応をすることで、求職者の信頼感を高めることができます。

2つ目の継続は、求職者とのコミュニケーションです。ダイレクトリクルーティングでアプローチをかけた求職者は、転職の意思がそれほど強くない潜在層である可能性があります。

今すぐに転職を考えていない求職者に対しては、継続したコミュニケーションを続けることで転職の意思を育んでいくことができるでしょう。

3つ目の魅力は、求職者へのアピールです。自社の魅力を最大限に伝えられるようなメールやコンテンツを作成し、求職者に届けましょう。

ダイレクトリクルーティングにおすすめのツール

ダイレクトリクルーティングで獲得した求職者を採用するには、きめ細やかなコミュニケーションが重要です。しかしメールでのやり取りは、見落としや開封されない可能性も高く、コミュニケーションツールとしての活用はおすすめできません。

求職者とのコミュニケーションには、LINEがおすすめです。LINEなら求職者とリアルタイムでコミュニケーションがとれるだけでなく、既読マークによって開封確認も簡単にチェックできます。

またLINEを活用するなら、next≫採用業務全体を最適化させましょう。next≫の機能を活用すれば、求職者の情報を一括管理することもできます。

ツールの導入が初めての企業でも安心の導入・運用におけるサポートサービスも充実しているのも便利です。

自社の採用活動を攻めに変えるツールのひとつとして、ぜひnext≫をご検討ください。

まとめ

ダイレクトリクルーティングを採用活動に取り入れて、他社との差別化を図るためには、利点を活かした運用を行うことが重要です。

効果を最大限に引き出す手段のひとつとして、ツールの導入を行い、採用活動にかかわる業務の効率化を並行する方法もあります。

今後ますます優秀な人材の確保は、企業間での競争が激化してくるでしょう。

激しい採用競争で人材を勝ち取るための攻めの手段として、ダイレクトリクルーティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。