$bid = '';

中途採用が難しい理由は?中小企業ができる対策をご紹介

中小企業の採用担当の中には、中途採用が上手くいかず頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。なかなか優秀な人材を確保できない場合は、採用活動の条件や方法を見直す必要があります。ここでは、中途採用が難しい理由や成功させるコツなどについて紹介します。

中途採用が難しい3つの理由

中小企業で中途採用が上手くいかず、難しいといわれる理由は主に次の3つです。

希望どおりの人材がいない

採用担当者の多くは、中途採用でできる限り優秀な人材を採用したいと考えるでしょう。しかし、転職を希望する人の中に優秀な人材はそう多くありません。転職を希望する理由の多くは、基本的に現職への不満が挙げられます。

スキルが高く、成果を出せる優秀な人材は、現職で好待遇を受けていることも多いです。そのため、優秀な人材が転職を検討する機会は少ないのが現状です。

転職を検討する場合は、スキルが買われて取引先に引き抜かれたり、友人、知人などの伝手を頼りに転職したりするケースが少なくありません。

上述した事情から、求人を募集しても優秀な人材からの応募はあまり期待できません。

期限が決まっている

企業が、中途採用に費やせる時間や期限は限られています。中途採用を行うのは、主に欠員補充をするときや業務を拡大するときなどです。スムーズに採用を進めないと事業に支障が出ることもあります。そのため、期限を決めた上で採用活動を行うケースも多いです。

採用担当者は短期間で、良い人材を見極めなければなりません。しかし、応募者によって経歴やスキルはさまざまです。履歴書や面接だけで自社に合う人材を見極めるのは難しく、ミスマッチが起こってしまうこともあります。

自社に多少合わないような気がしても、期限に間に合わせるために妥協して採用を決めてしまうこともあるでしょう。結果、ミスマッチが起こり早期離職してしまったり、期待したほどの成果が得られないという事態に陥ってしまいます。

中小企業ならではの問題

中小企業は大手企業と比べると、知名度が低いことも問題点のひとつです。知名度で考えると、どうしても大手企業に求職者の応募が集中してしまいます。そのため、優秀な人材以前に、応募そのものが少ないという中小企業も珍しくありません。

また、中小企業は大手企業に比べると、採用にかけられる人員も費用も少なめです。採用業務を専門に行う人がおらず、ほかの業務と兼務しているケースもよくあります。採用のノウハウが少なく、うまく人材を見極められなければ、ミスマッチによる早期退職が起きてしまうのです。

中途採用を成功させる3つのコツ

中小企業が、中途採用を成功させるためのコツは次の3つです。

1.完璧な人材を求めない

あまり完璧な人材を求めても、採用担当者の負担が大きくなるだけです。そのため、完璧な人材を求めるのは避けましょう。時間をかければかけるほど、費用も多くかかります。

ある程度は、育成すること前提で、ポテンシャルの高い人材を採用するのがポイントです。高度なスキルを持っている人材はなかなかいなくても、ポテンシャルという観点で視野を広げれば、意外と多く見つかるものです。

2.ほかの採用手法を導入する

現在の採用手法が良くない可能性もあります。そのため、思い切って採用方法を見直してみるのもひとつの方法です。採用方法を変えれば、ターゲット層も変わるため、良い人材を採用できる可能性が出てきます。

例えば、これまで求人サイトを利用してきたなら、リファラル採用やダイレクトリクルーティングなどを試してみましょう。

採用手法を変更する際には、リソースやターゲット層が合うかどうかが大事です。

3.企業の魅力を積極的に発信する

中小企業は知名度が低い分だけ、情報発信を積極的に行う必要があります。自社で働くことで得られるやりがいや、キャリアパスなど、求職者が知りたい情報を発信しましょう。職場の雰囲気などの情報も重要です。

情報の積極的な発信により、応募が集まりやすくなるのはもちろんのこと、ミスマッチの防止にもつながります。また、情報発信にはSNSを活用するのが良いでしょう。そうすれば、費用は最小限で済みます。

人員や費用の不足はどのように解消する?

前章で紹介したコツを実践したくても、人員や費用の面から難しいこともあるでしょう。その場合には、採用管理システム(ATS)の活用がおすすめです。

ATSなら採用のプロセスを視覚的に管理できます。採用業務の効率が上がるため、少ない人員でも無理なく対応できるようになるでしょう。採用担当者の残業も減り、人件費の削減にもつながります。

求職者とのコミュニケーションも取りやすいです。適度にコミュニケーションを取ることで、自社の印象が良くなり、応募が集まりやすくなるでしょう。早い段階で応募者が集まれば採用者も早く決まるため、求人広告にかかる費用も削減できます。

まとめ

中小企業が中途採用で良い人材を確保するのは確かに難しいのが現状です。完璧な人材を求めないなど、採用方針を見直す必要があります。
十分なリソースがなくて採用活動が上手くいかない場合には、採用管理システムを活用しましょう。

next>>は求職者とのきめ細やかなコミュニケーションが取れる採用ツール。求職者の行動や情報ごとにセグメント分けし、最適なメッセージを自動配信してくれます。中途採用が難しくて悩んでいるなら、ぜひnext>>の利用を検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。