【人事向け】オンライン採用にLINEが使われる理由はなぜ?オンライン採用におけるLINEの基本を教えます。

新型コロナウィルスの影響で積極的に就職活動を行えない時代になり、早2年が過ぎようとしています。

採用のオンライン化に伴い、「ウェブ就活」や「オンライン採用」というキーワードをよく目にするようになりました。

エントリーはウェブからだけど、実際の選考は対面で実施しているケースやエントリーから選考に至るまで全てウェブで完結させるケースなど、オンライン採用の定義は様々です。

今回は「オンライン採用を実施しているがなかなか上手くいかない」「そもそもオンライン採用がちゃんと実施できているのか分からない」という採用担当者に向けて、ウェブ就活とは何かを解説していきます。

オンライン採用とは?

オンライン採用とは、エントリー、選考、面接など様々な採用活動の場面においてウェブを通じてリモートで行う採用手法のことです。

エントリーから内々定まで一貫してオンライン上で完結させるのはもちろん、書類選考のみをリモートで行ったり、二次面接以降は対面で行ったりするなど一部をオンラインで実施する採用もオンライン採用といえます。

しかし、上述したように選考状況によって対応が異なることもあれば、そもそもウェブでエントリーを受け付けているだけのこともオンライン採用と呼べてしまうのも事実です。

オンライン採用はSNSとの相性が良い!

ここからはオンライン採用を検討中、または悩める採用担当者に向けてオンライン採用における必須ツールとも呼べるLINEを用いて解説していきます!

LINEは日本国内利用率No,1のソーシャルメディアサービスです。

総務省の調査によると、スマートフォンの普及率は令和元年には91.1%に増え、主なSNS利用率はLINEが最も多く86.9%と、他のSNSより約50%もの差がつくまでに多くの方々が利用しています。

令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要 (soumu.go.jp)

ここで重要なのは「多くの人が利用しているツール」であるということ。

例えばナビサイトアプリをダウンロードして、サイト上で採用活動を行っていたとしても利用者が少なければ反応はいまいち良くありません。

またはダウンロード数が多かったとしても、ダウンロードだけされたままでほぼ利用されていないアプリの可能性もあります。

LINEは日常生活の一部になり、もはやコミュニケーションツールとして一般化されているため“利用者”“利用時間”も非常に多いSNSなのです。

反対にメールの利用率は年々微々たる数字ですが年々減少傾向にあり、各企業の調査で約平均7割程度のユーザーが「知らない電話番号からの着信は出ない」と回答しています。

LINEを使った採用はここがポイント

LINEを採用で使ったことのない人事の方々はこの記事を読んで頭が「?」になっていることでしょう。またはすでに利用されている方は「それは知ってるけどやり方が分からない」という意見をお持ちでしょう…。

安心してください。

LINE採用はポイントを抑えることで採用の成功に導きやすくなります!

ということでここからはLINE採用におけるポイントを抑えていきましょう。

まず先に結論からお伝えします。

  • 反応速度
  • リマインド
  • 手軽さ

分かりやすくこの3つをキーワードで説明していきます。

まず「反応速度」とは、メッセージに対するアクションの速さです。

レスポンスや既読マークなどのリアクションが早ければ早いほど情報の鮮度が高く、メッセージを送った相手の興味も高い状態が続きます。

とくに質問や相談に対する反応速度は重要で、送った時の温度感がピークだとすると時間が経つにつれて温度感は下がる一方なので少しでも早く反応することが大切です。

次に「リマインド」とは、情報発信をする際に相手の記憶を蘇らせるために必要なアクションです。

昨日食べた夕飯のメニューを忘れてしまうぐらい人間の記憶力は低いものです。「明日〇〇がありますよ!」「面接は何時からだよ!」というリマインドは忘れてしまった記憶を蘇らせるために必要なアクションであり、リマインドをすることで自分自身も忘れるのを防ぐ効果があります。

最後に「手軽さ」ですが、ここでの手軽さは受け手と送り手の両者を指します。

例えば「このクーポンをダウンロードすれば10%オフでお買い物ができます」というサービスがあったとします。

受け手側はクーポンをダウンロードしなければいけませんが、ワンタップで簡単にダウンロードできる仕組みだと面倒なく手軽に利用できますよね。

送り手はクーポンをダウンロードしてもらうための案内をしますが、案内の方法が複雑だと手軽にご案内はできません。

加えて、クーポンの利用方法が複雑だと受け手も送り手も両者とも「クーポンを使いたくない」という心理になってしまいます。

つまり、反応速度を上げて相手の温度感を保ちつつ、下がってくるタイミングでリマインドを行う。温度感を保つためにもリマインドを行うのにも手軽さが必要ということです。

せめてこの3つを実行するだけでも、採用活動の成果に大きな変化があると思います!

参考 企業向けオンライン面接(Web面接)のやり方|当日のポイントとはnext≫blog-LINEを利用して学生に寄り添った採用を

すべて一貫してできるのがLINEの良さ

LINEはメッセージアプリとして有能なツールでもありますが、採用ツールとしても非常に使いやすく便利なアプリです。

next≫では送られてきたメッセージに対して自動で返信をしてくれる「自動応答」や求職者の予約に合わせて自動でメッセージを送る「自動リマインド」も設定することができます。

そして何より手軽に設定できるので、基本操作を覚えれば今後の採用活動の負担がより軽減されるでしょう。

next≫はご利用のプランによってサポートも充実していますので、まずは資料請求やご相談だけでも気軽にお問合せください!

参考 next≫LINEにしかできないコミュニケーションを採用に

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

LINEにしかできないコミュニケーションを採用に

資料請求

『3分でnextが分かる』
特別資料を簡単にダウンロードいただけます。

資料請求
導入事例

導入イメージを実際につけたい方は
事例をご参照ください。

導入事例
お問合せ

ご不明な点などございましたら
お気軽にお問合わせください。

お問合せ