next サポートサイト support site

個別トークや友だちのセグメント分けを行いたい

 

 

 

はじめに
★next>>では、タグや友だち情報欄を使って学生のセグメント分けを行うことができます。
 
 

トーク一覧と個別トークの使い方についてはこちら

 
 
目次
1.タグ管理機能を使って友だちをグループごとに分ける
2.友だち情報欄を使ってグループ分けやオリジナルの情報を登録する
3.友だち情報欄とタグ管理の違い
 
 
 
タグ管理機能を使って友だちをグループごとに分ける
 
 

説明会の予約日程、選考の結果 など

 
上記の情報はタグで管理することができます。
タグは手動でつけ外しもできますが、友だち側のアクションによって自動でつけ外しを行うこともできます。
詳しくはこちら
 
 
 
 
 
友だち情報欄を使ってグループ分けやオリジナルの情報を登録する
 
 
氏名、フリガナ、卒業年度、大学名・学部・学科、電話番号、住所、資格、自己PR、説明会の予約日程 など
 
上記の情報は友だち情報欄で管理することができます。
友だちから聞き取りたい情報をオリジナルでいくつも作成でき、情報の登録も自動で行えます。
さらにメッセージへの挿入も可能なのでイベントの予約確認のメッセージを個別に作成せずに友だちに合わせて送信することができます。
 
友だち情報をメッセージに自動反映する方法はこちら
 
友だち情報欄の詳しい説明はこちら
 
 

 

 

 

 

 

友だち情報欄とタグ管理の違い
 

 

友だち情報欄

オリジナルの項目が作成できる、条件指定検索、 メッセージへの挿入

 

 

タグ管理

オリジナルの項目が作成できる、条件指定検索、 タグ追加時のアクション設定 定員設定

 

 

 

 

 
まとめ
タグ管理はタグのつけ外しのみなのに対し、友だち情報欄は自由に入力ができるので、氏名・住所・大学名などの基本情報は友だち情報欄で管理するのに適しています。

★説明会などの日程を管理は、メッセージ挿入をしたい場合は友だち情報欄を使用。定員設定をしたい場合はタグ管理を使用。

メッセージ挿入と定員設定どちらも設定したい場合はタグ管理と友だち情報欄の設定どちらも行う必要があります。

 

 

 

(Visited 12 times, 1 visits today)