next>>でLINEメッセージはより魅力的に

next>>ではメッセージをテンプレートとして保存し、再利用したり、ユーザーがタップした後に送るメッセージとして繋げることができます。

この記事では、next>>独自のメッセージ機能に絞って詳しくご説明します。

 

画像にリンクを設置しメッセージをより魅力的に

next>>ではメッセージ内に画像を挿入したり、画像そのものに細かなリンクを配置したりと、様々な利用方法を用意しています。

1つの画像に最大6つのリンクを設置することができるので、1つのメッセージで複数の箇所に誘導することができます。

 

上記のようなメニュー画像をメッセージ単位で展開することが可能です。

  • 会社情報→企業HP
  • 問い合わせ→電話アプリ立ち上げ
  • 採用担当→LINE内の採用担当者の情報コンテンツへ
  • 社内風景→企業インスタグラムへ
  • Q&A→よくある質問などをまとめたLINE内ページへ

 

最大15個のボタンでセミナー予約がワンタップで可能

上記はカルーセル機能というもので、5個のパネルに3つのボタンを設定し、最大15個のボタン(3×5)を1つのメッセージに載せるすることができます。(横にスワイプすることで全てのパネルが確認できます)

セミナーや面接の日程案内に最適で、タップ先によってタグや友だち情報の追加、テンプレートの返信、シナリオ移動など、様々な分岐が可能です。

エントリー後の応答メッセージや、予約者へのリマインドメッセージなど、様々な業務負担が軽減されるでしょう。

LINEによる学生管理はマンパワーがかかるのが難点であり、nextの大きな価値の1つになっています。

学生のタップ1つ1つに情報を追加できる

上記でも説明しましたが、タップ1つ1つに様々な挙動を設定できます。

  • URLへのリンク
  • 電話をかける
  • 別LINEアカウントの紹介
  • メール送信
  • シナリオ移動

返信の方法の選択(手動テキスト/テンプレート)

  • 追加タグ
  • 追加友だち情報欄
  • 友だち情報内容
  • シナリオの選択
  • シナリオのタイミング設定

また、タグそのものにも、追加時のアクションとしてシナリオ設定やテンプレート設定があるので、様々な形のメッセージ展開が可能です。

メッセージを繋げれば、それはコンテンツになる

ここまでメッセージの細かな展開や自動化に力を入れている理由は、メッセージはLINEにおけるコンテンツそのものだからです。

nextは単に、LINEによるコミュニケーションを効率化するだけではなく、メッセージを駆使してユーザーを満足させるものとして活用することができます。

例)LINE上での先輩情報の展開

「先輩情報」から3名へ分岐し、個別のテンプレートから細かいプロフィールコンテンツに繋げることが可能。

個別に送信したり、送る段階の調整も可能なので、リクルーターをつけたい優秀な学生にのみリクルーター情報を送ったり、面接の段階に入ってから、面接官のプロフィールを送信し学生の緊張をほぐしたり、と様々な活用方法があります。

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。