LINE@を複数人で管理する場合の注意点とnext≫の管理者権限設定でできること

アローリンクは過去にline@で1年間の採用活動を経験していますが、その時の大きな課題の一つに「複数人でのline@アカウント管理」がありました。

この記事では、line@で新卒採用を行う場合の注意点と、next≫だとどのように改善されるかについてご説明いたします。

複数人でline@を運用する時の注意点

LINE@は通常のLINEとは違い、複数人での管理が可能です。

しかし、採用で学生さんと連絡する上ではいくつかの注意点があります。

未対応学生が埋もれてしまう

LINE@では[学生のメッセージに対応したかどうか]の判断材料が[未読] / [既読]だけなので、「メッセージ内容を確認したけど返信をしない」みたいなことがあると、未対応のまま放置状態になってしまう恐れがあります。

  • 内容を確認したら絶対に返信する
  • 自分の担当学生しか見ない
  • 見たけど、返信しなかった学生は別ツールで記録する

などを実施すれば、埋もれる心配はないかもしれませんが、かなり手間な上に現実的ではありません。

返信対応した管理者が分からない

運用する管理者が1名の場合は問題ありませんが、複数人で対応した場合、「誰が学生に返信したのか」を確認したくなることがあります。

しかし、返信者のデータは記録されませんので、記憶を辿りにするしかありません。

もし、送信ミスが起きたり、内容に不備があっても、どの管理者が行ったのか分からないのです。

細かな権限設定ができない

LINE@の管理者権限の種類

  • 管理者
  • 運用担当者
  • 運用担当者(配信権限なし)
  • 運用担当者(統計閲覧なし)

の4パターンです。

「配信権限があるか」、「統計データを見られるか」の2点がポイントになります。

next≫の管理者(スタッフ)権限設定のメリット

新規アカウント開設が簡単

LINE@の場合、管理者毎にLINE@アカウントを開設した後に権限付与の設定が必要ですが、next≫では比較的容易に設定が可能です。

  1. 管理者
  2. 副管理者
  3. 運用者
  4. 一般スタッフ

の4項目から選択できます。

 

ラベルを学生に設定することで誰が担当者か一目瞭然

友だち情報に担当者情報を追加することで、カラーラベルを学生に貼り付けることができます。

担当者名とラベルカラー

学生毎にカラーラベルが付与されます。

 

詳しくは▶コチラの記事で説明しています。

権限項目が豊富

一般スタッフの[できること/できないこと]を細かく設定できます。


権限項目①

友だち操作

メッセージ

 

権限項目②

友だち属性

LINE@アカウント

  • アカウント設定
  • スタッフ権限設定
  • データ移行

その他


これだけ細かく操作設定ができるので、操作ミスを防ぐと同時に、担当業務のみに集中することができます。

返信した管理者が確認できる

返信メッセージの上に誰が送信したかが表記されます。

以上がnext≫の管理者権限機能の説明でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。