【学生が集まらない企業必見】会社説明会の集客のコツを徹底解説!

会社説明会に学生が集まらず、優秀な人材を確保できずに悩んでいる企業は多いのではないでしょうか。

会社説明会は、学生が初めて企業の根幹に触れる機会のため、十分に準備する必要があります。会社説明会の出来が応募者の数を左右するといっても過言ではありません。ここでは、会社説明会の参加者が増えない理由や集客のコツについて詳しく解説していきます。

会社説明会で学生が集まらない理由

どれだけ内容が充実した会社説明会であっても学生が集まらなければ、意味がありません。なぜ、会社説明会に学生が集まらないのかを考え、適切に対処していくことが大切です。学生が集まらない理由について、詳しくみていきましょう。

自社の魅力が伝わっていない

せっかく魅力のある企業であっても、その魅力が学生に伝わっていなければ、学生は企業に興味を持たないでしょう。まずは下記のようなポイントを見直しましょう。

・企業ブランディングが出来ていない

企業のブランディングができていないと、学生は「あの○○会社が採用を始めたから会社説明会に行ってみよう」という思考になりません。まずは学生に認知してもらう施策を考えましょう。適切なブランディングができていれば、会社説明会への参加者は増えるでしょう。

・どのような企業なのかが伝わっていない

具体的に、どのような業務をしており、どのような社風なのかが明確に伝わっていない可能性があります。学生は、他にも様々な企業の説明会に参加するため、日程が被るとどちらかを諦めなければなりません。企業の情報が十分に伝わっていなければ、判断の対象にもならず、他社の説明会を優先してしまうでしょう。

・適切で積極的な宣伝を行っていない

近年の新卒採用は「売り手市場」といわれています。つまり学生が企業を選んでいるのです。そのため、企業は学生に興味を持ってもらうために、あらゆる工夫をしています。そのなかで消極的な採用手法は学生の興味が引けません。学生は何に興味があり、会社に何を求めているのかを洗い出し、自社とどのようにマッチさせるのかを考えましょう。

集客のノウハウを持っていない

集客が重要とわかっていても、集客のノウハウを持っていないと実行が出来ないですよね。また、集客のプロに任せるにしても、かけられるコストが限られているため、依頼できない場合もあるでしょう。まずは、採用の現状を伝え、解決策を提示しコストを増やすことが重要です。

また、会社説明会への参加を検討できても、学生にとってアクセスが悪い場所で開催すると、なかなか集まらないでしょう。場合によっては、東京だけではなく全国主要都市で説明会を行うことが大切です。直接学生と接触することはできませんが中継で説明会を行うこともできます。地方にいる学生にアプローチする際に有効です。

会社説明会で学生を集客するには?

会社説明会に参加する学生を増やすためには、どのような方法で宣伝をすればいいのか、どのような取り組みが有効なのか詳しくみていきましょう。

 SNSでアピールする

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSでアピールするのも1つの方法です。多くの学生がSNSを利用しているため、それだけ目につきやすいでしょう。また、発信にはコストがかからないため、採用コストを削減している企業にも向いています。

また、広告機能を利用しても、コストは高くありません。さらに、拡散力があるため、目をひくデザインやキャッチフレーズをつけることで、コスト以上の効果を見込めます。

自社の規模に合った説明会に参加する

自社の規模に合った合同説明会に参加しましょう。自社の規模と異なる場合、悪い意味で目立ってしまう恐れがあるため、同じぐらいの規模の企業だけが参加している合同説明会を選ぶことが大切です。

また、学生と企業をつなげるマッチングイベントに参加するのもいいでしょう。そのイベントに興味がある学生が集まるため、それだけマッチ度が高くなります。また、参加人数が限られているため、より近い距離で学生と交流でき、質疑応答にもしっかり回答できるようになるでしょう。

説明会の告知文を工夫する

会社説明会の告知文を工夫することも大切です。ターゲットに響くような文章、わかりやすい言葉を心がけましょう。目をひく文章は、SNSでも取り上げられやすいため、良識を守った範囲で攻めたキャッチフレーズを書くのもおすすめです。

そして、学生の立場になって告知文を考えましょう。企業の利益に関することだけではなく、働きやすさや福利厚生についても詳しく書くことが大切です。

会社説明会には「next≫」を活用しよう

 採用管理ツール「next」は、LINEを利用しており、学生と円滑なコミュニケーションをとることが可能です。会社説明会やセミナーで連絡先を交換した学生が選考に進む確率を高められます。また、プレミアムリッチメニューをそれぞれの学生に合わせて設定できるようになっているため、学生ごとに適した形で採用を進められます。

継続的に学生と連絡をとることで、学生のエンゲージメントを高められ、繋がりを維持できるでしょう。学生にとってのメリットとデメリットだけではなく、繋がりがあることに対する気持ちの変化も選考への参加率に大きく関わります。

まとめ

会社説明会の参加者数が少ないと、結果的に優秀な人材の確保が難しくなります。まずは、宣伝文の工夫やSNSの活用などで、参加者数の増加を目指しましょう。そのうえで、採用管理ツールの「next≫」を取り入れ、学生のエンゲージメントを高めていくことが大切です。繋がりを保つことで、企業への志望度が高まり、会社説明会の参加者数の増加、優秀な人材獲得率アップが期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。