トーク画面にメニューを設置。プラットフォームとして多方面から魅力を配信

このメニューを使いこなしていないのは、LINE@を使いこなしていないと同義とも言えるほど、非常に重要な機能です。

この記事では「リッチメニュー」についての説明と、next≫ならではのリッチメニューの使い方の2点について解説します。

リッチメニューとは

リッチメニューとはLINEのトーク内にある画像で作成されたメニューのことです。

 

通常メニューと画像付きメニューの違い

通常メニュー

リッチメニュー

ポイント

通常メニューは特定の項目から選択可能。飲食店向けの内容が多い。

リッチメニューは画像タップした時のアクションを個別に設定できる

 

タップ時のアクション

LINE@のリッチメニューにおけるアクションは以下の3種類

  1. キーワード…指定のキーワードをユーザーに発言させる
  2. URL…外部サイトへのリンク
  3. テキスト…テキストによる返信

発言させたキーワードを自動応答に繋げることも可能。

 

LINE@の有料版で利用可能

point

リッチメニューは無料版では利用できません。

月額5,400円(税込み)のベーシックプランから利用可能

 

LINEの中にコンテンツを作ることができる

リッチメニューを活用すれば、LINEのトークルームの中でいかなる情報でも展開ができるようになります。

LINEがSNS展開のスタート地点になる

  • FaceBook
  • Instagram
  • Twitter

などのSNSへ効率的に誘導することができます。

SNSは効果を実感しにくい採用担当者が挫折しやすい採用実務ですが、LINEのメニューに配置することで大きく解消されます。

 

GoogleMapをメニューに

電話と同じように、メニューにGoogleMapのリンクをセットすれば、会場までの道のりで迷う学生が激減します

 

採用サイトをリンクすることで企業理解が深まる

当然、WEBサイトへのリンクも可能です。

採用サイト、会社HPをしっかり見てもらうことで、企業理解が深まります。

point
就活ナビなどのログインが必要なサイトのリンクを設置には注意。

指定のブラウザではなく、LINEのブラウザで開いてしまうため、手打ちでID・PASSを入力させることになります。

最近ではブラウザがPASSを記憶し、自動入力されていることが基本なので、ブラウザバックされてしまう可能性があります。

※指定のブラウザを開くようにする小ワザがありますが、ここでは非公開とさせていただきます。弊社の営業担当にお聞きくださいませ。

 

next>>でLINEはメディア型プラットフォームに

next≫を利用すると、リッチメニューはさらに進化します。

自動応答と組み合わせれば、リッチメッセージやシナリオ分岐が可能

  • 質問形式、カルーセル形式のメッセージの自動返信設定
  • シナリオ分岐

ができるようになります。

next≫で送れるメッセージについて

next>>でLINEメッセージはより魅力的に

 

シナリオ配信機能について

ステップメールのLINE版?シナリオ配信で登録者の後追い・教育を自動で

 

プレミアムリッチメニュー機能で、コンテンツの幅が大きく広がる

プレミアムリッチメニュー機能を使えば、ユーザーに合わせてメニューを自動で切り替えることができます。

  1. 説明会に予約している人
  2. 選考をこれから受ける人
  3. 内定者
  4. 不合格者

これらの方々は、同じ就活生ですが全く違う属性の学生群なので、それぞれが違うメニューであるべきなんです。

 

  1. 予約中の説明会の内容・日程確認・キャンセル
  2. 選考の日程・内容・面接官のプロフィール情報
  3. 内定式や懇親会のカレンダー、課題内容・課題提出フォーム
  4. お祈り

のような内容であるべきです。

通常のリッチメニューは一種類ですが、プレミアムリッチメニューであれば何種類でも作成できますし、学生側からメニュー切り替えも可能なので、設定だけで完全なる自動切換えが実現します。

プレミアムリッチメニューについては▶『プレミアムリッチメニュー機能』LINEメニューを学生に合わせて自動で切り替え。で詳しく説明しています。

 

タップ回数や選択したアクションを計測できる

そのリンクのタップ数や、リンク先の滞在時間によるグルーピングなども可能。

next>>は効果検証機能も充実。改善することでアカウントを長く育てる

 

next>>にしかできないメニューの使い方

具体的な活用事例をご紹介します。

お問い合わせの電話ボタン

リッチメニューに電話をかけるアクションを設置することで、連絡のハードルを下げることができます。
学生の電話番号を調べる手間を解消。遅刻する学生が簡単に連絡できるので、取りこぼしが抑えられます。

 

メニューのABテスト

タップ数を調べることができるので、学生の反応率を測定することが可能。

メニュー改善のための検証環境が整っています。

 

セミナー・選考への申し込み受付

セミナーエントリーをLINE内で完結させるためのデータベースがnext≫には備わっています。

セミナー予約はLINEの上のワンタップで完了。その後のリマインドも全て自動に

 

社員情報のコンテンツ展開

LINE内でメッセージを繋げることで、様々なコンテンツ展開が可能。他のLINEアカウントへ登録を促すこともできます。

同様に、会社の情報や、製品情報などもコンテンツ化できるので、学生はLINEだけで企業研究ができてしまうのです。

 

学生状況に応じた適切な選考ステップの提示

check
プレミアムリッチメニューの機能になります。

選考ステップに合わせたコンテンツ展開が可能。

メニュー対象者の分類例

  1. 名前未登録者
  2. セミナー予約
  3. セミナー参加
  4. 1次選考予約
  5. 1次選考参加
  6. 2次選考予約
  7. 2次選考参加
  8. 最終選考日程確定
  9. 最終選考参加
  10. 内定者
  11. 内定承諾者
  12. 不合格者

これらの方々全てに違うメニューが展開することも。

 

プレミアムリッチメニューについて

『プレミアムリッチメニュー機能』LINEメニューを学生に合わせて自動で切り替え。

 

メニューから、好きなマガジンを購読させる

「ユーザーの好きなもの、興味・関心分野の情報を収集し、その内容に合わせた内容を定期配信する」

こんなことが実現してしまいます。

採用の場合だと、内定を決める軸で学生を分類することで、その内容に合わせた訴求メッセージを振り分けることも可能です。

企業選択の軸の質問からシナリオへ

例えば、「○○さんの企業を選ぶ上で一番大事なことは何ですか?」という質問メッセージを送ります。

 

選択肢は、

  1. 年収・待遇
  2. 会社の知名度・規模
  3. 一緒に働く人
  4. 休み・休暇

この回答は、今後の口説き文句の参考になるのはもちろんですが、そのままシナリオへ分岐し、定期配信へと繋げることができます。

 

  • 1の人には、稼いでいる社員のインタビュー記事を4日後に送る。
  • 2の人には、ニュースや新聞で取り上げられた記事を2日後に送る。
  • 3の人には、社員紹介を7日間の間隔で合計4回送る。
  • 4の人には、プライベートのコンテンツを配信

 

といった属性に合わせた未来配信が可能になります。

※日数は適当です。意味はありません。

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。