初心者こそ知っておきたい!電子採用パンフレットの作り方とコツについて

インターンや新年度に向けて採用パンフレットの作成準備にとりかかる企業も増え、とくに近年はオンラインで閲覧できる電子パンフレットを検討する企業も増えてきました。

この記事では「オンライン(電子)採用パンフレットを作成したいけど何から準備したら良いか分からない」という初心者の人に向けた記事です。

採用パンフレット作成に取り掛かる前に気を付けること

パンフレットをはじめて作成するときは何から始めたら良いのか。

どんなことを掲載したら良いのか分からず、作成する以前の問題で困ってしまうこともあります。

採用パンフレットをゼロから自社で作り上げるのは非常に難しく労力もかかってしまうので、はじめて作成する場合は外注先(作成代行業者)に依頼することをおすすめします。

プロの業者に依頼することで打合せなどを通じてパンフレット作成の手順を知ることができ、そのノウハウを取り入れることができるからです。

ただし、注意点として業者に依頼する際は単純に金額だけでなくどこまで実施してくれるのかをプランと内容をしっかり比較しましょう。

極端に安い業者の場合、入稿データの作成のみでパンフレットの印刷費用やその他の工程は料金に含まれていない場合があります。

以下の例で比較してみましょう。

データ作成のみ業者に委託する場合

●印刷代※1000部
A4無線綴じ+24ページ+標準紙+3営業日
=160,000円

●委託料
表紙込みデザイン作成、データ入稿のみ
=350,000円

=合計金額510,000円

すべて業者に委託する場合

●印刷代※1000部
委託料込み
=0円

●委託料
表紙込みデザイン作成、インタビュー、写真撮影、データ入稿、印刷など
=700,000円~1,000,000円

=合計金額700,000円~1,000,000円

一見すると「印刷は自分達でやって、業者に入稿データだけ作成してもらった方が安いじゃん!」と判断する人もいるかと思いますが、実はそれが落とし穴。

インタビューひとつとっても社員へのアポイントメント、事前アンケートの作成と実施、文字起こし、ライティングなどの工程が必要なためかなりの労力がかかります。

また、カメラマンに撮影を依頼すると撮影単価だけで数十万円の費用がかかり、さらにデータ代は別途なんてこともあり得るので「撮影代だけで作成代行業者に委託する金額を上回った!」なんてこともあります。

この費用対効果をしっかり計算し、代行業者に一括して任せた方が費用が抑えられるのか、もしくはデータ作成のみ依頼して、そのほかの工程は自社で実施した方が安いのかトータルコストをしっかり計算することが大切です

採用パンフレット作成の流れ(フロー)

採用パンフレットを外注で作成する際、ページ数の設定から始まり、写真撮影やインタビューの実施などの工程を経ておおまかに以下の手順で作成がされます。

外注に委託した場合でも、青の部分は自社で行うよう依頼されることが多いです。

委託業者によってインタビューは実施してくれるケースもありますが、前述したように社員へのアポイントメントやスケジュールの調整は基本は自社で行います。

採用パンフレットをPDFで見る時代はもう古い!

パンフレットと聞くと、紙で印刷してあって本のように綴じてあって…とイメージする方の方が多いかと思いますが、今や採用パンフレットはウェブで閲覧できる時代です!

採用パンフレットをPDFなどのデータにして共有する取り組みをしている企業も少しずつ増えてきましたが、PDFを利用する最大のデメリットはスマホでは気軽に閲覧ができない、という点です。

今の就活生のほとんどはスマホで就職活動を行います。

スマートフォンでPDFファイルを閲覧する場合、専用のアプリで開き直したりファイルを一度ダウンロードしてからフォルダを開く必要あがあり、利用者の立場からしてPDFを開くだけでも非常に面倒です。

紙のパンフレットは修正に費用がかかる!

上記で述べたように、紙のパンフレットは制作費用がかかりますが、同様に修正をする際にも金額がかかります。

パンフレットはその都度新しい情報に修正していく必要がありますが、退職者の差し替えや新年度の情報など修正箇所は一部のページのみです。

しかしパンフレットを紙で刷新すると修正箇所に関係なくトータルで費用がかかります。

1ページや2ページだけならコストをかけずに修正したいですよね。

SNSを活用したオンライン採用を検討しよう

 

オンラインで採用パンフレットを閲覧する方法は色々ありますが、PDF化したデータを就活生に送るのはあまり現実的ではありません。

そんなときはSNSを活用して就活生に採用パンフレットに関する情報を届けてみましょう!

next≫はLINEを活用して学生にダイレクトにメッセージを届けることができ、画像や動画も共有ができるので表彰式や社員旅行の様子をLINEのメッセージで公開することができます。

リッチメニューを使えば社員紹介、Q&A、採用情報など項目を分けることができるので一目で見たい情報を判断することができます。

オンライン採用を上手く活用して、会社の魅力を就活生に届けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。