このままでは優秀な人材を採用できない…人手不足の原因と対策を解説

優秀な人材の確保は、会社を存続させていく上で、とても大切な項目です。しかし、近年では、求職者優位の労働市場になっていることから、人手不足に悩まされている企業も少なくありません。

ここでは、会社の売上にも直結する優秀な人材を確保するためにも、人手不足になる原因とその対処法をご紹介します。

人手不足が起きてしまう原因

中小企業の多くが人手不足に悩まされており、業務を拡大できないと悩みを抱える企業も多いです。人手不足が続けば、業務拡大や新規事業が展開できないという問題だけでなく、会社存続に危機にさらされることもあるのです。

人手不足が起きてしまう背景には、大きく分けて3つの原因が考えられます。

求人数が求職者を上回っている

2012年以降、さまざまな業種で求人数が増えています。それに反して、少子高齢化社会の日本では生産年齢人口が減ってきているため、求人数が求職者を上回っている状況になっているのです。

求職者側の視点から見ると選択肢が増えるためうれしい状況と言えますが、求人している企業側の視点から見ればなかなか求人に人が集まらず、採用へたどり着かないという状況にあります。

大手企業に人気が集まっている

先ほども紹介したように、求職者は、豊富にある求人の中から、仕事内容や労働条件の良い会社を選べる状況にあります。そのため、魅力的な仕事内容を提示している会社や、良い条件を揃えやすい大手に人気が集まってしまうのです。

人材獲得競争が激しくなっている中で、採用活動においてどれだけ自社を求人でアピールできるかがポイントとなっています。

求人を出すときには、求職者側の目線で条件や待遇を提示しなければ、人は集まりません。魅力的な仕事内容であるか、拘束時間が長すぎないかなど、ほかの会社と比べられてしまい、少しでもデメリットを感じたとき、求職者はすぐにほかの会社に流れます。

離職率が高く、人材が定着しない

求職者優位の労働市場になっているときは、既存社員が転職を検討する機会にもなりやすいです。待遇や条件に不満を持っていた既存社員が、転職を考え、離職へとつながります。

人が辞めたあと慌てて求人を出しても人材が獲得できなければ、必然的に既存社員の負担は増加します。

増えた負担に耐えきれず既存社員が転職をしてしまえば、より社内の負担が増え、次々と社員が辞めてしまうという悪循環に陥ってしまう可能性もあるのです。この悪循環こそ、事業の継続が難しくなり、会社存続の危機に陥る原因でもあります。

人手不足を解消する方法

人手不足に陥っている会社は、一刻も早く解消しなければなりません。ここからは、具体的に人手不足を解消する方法を3つご紹介します。

採用活動を見直す

これまでの採用活動を振り返って、人材不足が解消されていないのであれば、採用活動の見直しをしなければなりません。

具体的には、これまでの採用活動とは異なる新たな採用方法をいくつか試してみて、自社に合ったものを選択するのがおすすめです。

質の高い採用を効率よく行いたいなら、ぜひnext≫を試してみてください。next≫ならLINEを使って求職者とコミュニケーションが取れるので、ほかの採用ツールに比べてスピード感があります。

管理機能も充実しており、応募者の管理はもちろん、グループ管理も簡単です。スタッフ権限管理機能もあるため、採用に携わる社員が増えても安心した運営ができます。

また、管理機能を使えば、採用活動の見直しもしやすく、次回の採用活動の改善につなげることも可能です。

新しい採用方法を探しているなら、一度next≫にご相談ください。

求人広告には求職者が求めている情報を記載する

企業が伝えたい内容と、求職者が知りたい情報は異なっている場合が多いです。やみくもに求人を出しても、求職者の目に止まらなければ意味がありません。情報が不足していると、求職者は応募してくれないのです。

求職者がどのような情報を求めて転職活動や就職活動を行っているのか?という点に着目して、過去の採用活動の見直しを行うのはとても大切なことといえるでしょう。

待遇や労働環境を見直す

優秀な人材を確保したければ、求めている人材に見合った待遇を提供できないと、応募は集まりません。例えば他社のほうが、給与額が多ければ、必然と多いほうへ流れていってしまうのです。

待遇や労働環境の見直しは、既存社員の離職防止にもつながります。まず、既存社員がどのような待遇や労働環境を求めているのか、ヒアリングを実施するのも良い方法です。同じ業種の他社の求人情報を参考に、待遇の見直しをするのも良いでしょう。

人材獲得に苦戦している会社は、既存社員に対して、評価制度の見直しや多様な働き方を認めるなど、離職を防ぐ取り組みが必要です。

働きがいのある、働きやすい会社を目指して、人手不足を解消しましょう。

採用難で悩む担当者必見!売り手市場でも欲しい人材を確保するには?

まとめ

少子高齢化社会の日本では、今後も求職者優位の状況は続くと予想されます。大手に求人が流れてしまって、中小企業には勝ち目がないと思わず、自社の待遇や労働環境を今一度見直して、求職者に見られる求人情報を記載しましょう。

これまでと同じ方法で採用が上手くいかないときは、新しい採用活動のひとつの方法として、採用ツールの導入もおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。