イベント予約機能が新しくなりました – FAQ | next≫(LINEのコミュニケーションを採用に)

イベント予約機能が新しくなりました

機能アップデート

 

イベント予約機能の設定画面が新しくなり、予約の作成・編集がしやすくなりました。

詳しくはこちら

 

 

 

主な変更点

イベント登録・編集画面をフロー型に変更、設定の流れがわかりやすくなりました。

プレビューをリアルタイムで確認できるようになりました。

予約枠の「一括変更」と「一括削除」機能を追加しました。

開催日を起点に「予約受付締切」が設定できるようになりました。

予約変更/キャンセルの期限が柔軟に設定できるようになりました。

「予約枠」と「プラン」のアクションを同時に実行できるようになりました。

予約枠が最大150件まで追加できるようになりました。

期間イベントにも「開催時間」が設定できるようになりました。

 

 

 

 

<変更点①>

イベント登録・編集画面をフロー型に変更、設定の流れがわかりやすくなりました。

・イベント登録画面を見やすくするために、設定画面をフロー型に変更しました。

「イベント概要」「予約枠の設定」「予約画面設定」の3段階に設定画面を分割して、

 入力項目の順序やインフォメーションを整理しました。

 登録手順にそって直感的な操作ができるようになりました。

・予約枠と設定項目を分けて表示することで、画面をスクロールした時でもどの予約枠   

 を操作しているか分かりやすくなりました。

 

 

 

 

<変更点②>

プレビューをリアルタイムで確認できるようになりました。

これまでプレビューを更新するためには、設定内容を保存する必要がありましたが、設定画面で入力した内容が、プレビューにリアルタイムで反映されるようになりました。

予約枠の締切後などの設定も実際の設定通りに反映されます。

 

 

 

<変更点③>

予約枠の「一括変更」と「一括削除」機能を追加しました。

複数の予約枠について、「一括変更」と「一括削除」ができるようになりました。

一括操作ができる項目は以下の通りです。

 
注意!

一括操作を行うと設定が「上書き」されます。

例)アクションを一括で設定する場合、それまでに予約枠に設定していた予約枠のアクションは消えて、新しく設定したアクションで上書きされます。

 

 

 

 

<変更点④>

開催日を起点に「予約受付締切」が設定できるようになりました。

予約受付(変更・キャンセル)の締め切り日時について、開催日を起点に指定できるようになりました。今までどおり特定の日時での指定も可能です。

複数の予約枠の受付締切を一括変更する場合などに効率よく設定できます。

 

 

 

 

<変更点⑤>

予約変更/キャンセルの期限が柔軟に設定できるようになりました。

友だちからの予約変更・キャンセルについて、それぞれ【許可する/しない】を設定でき、期限もそれぞれ設定できるようになりました。

期限は開催日を起点に設定できます。

 

 

 

 

 

<変更点⑥>

「予約枠」と「プラン」のアクションを同時に実行できるようになりました。

「予約枠のアクション」と「プランごとのアクション」をどちらも設定している場合、両方のアクションが発動するように変更しました。

今まで、プランのアクションを設定している場合は、発動するアクションを「予約枠」か「プラン」どちらかのアクションしか選べませんでしたが、両方同時に発動できるようになりました。

 

 
注意!
※片方のアクションのみを発動させる場合は、発動させたいアクションのみ設定してください。

 

 

 

 

<変更点⑦>

予約枠が最大150件まで追加できるようになりました。

1つのイベントに登録できる予約枠を150枠に拡大しました。

 

 

 

 

<変更点⑧>

期間イベントにも「開催時間」を設定できるようになりました。

これまで期間イベントの場合開催時間の設定はありませんでしたが、期間イベントにも「開催時間」を設定できるようになりました。

例えば、5日間の研修で開催時間が10:00-15:00である場合に、開催日時を明確に表示できます。

※期間中に開催時間が異なる場合、それぞれの開催時間を設定することはできません。

 

 

 

 

 

(Visited 45 times, 1 visits today)

この記事が役に立ったら「いいね」を押してください!

サービス資料をダウンロード サービス資料をダウンロード